【2024年】中学生向けおすすめタブレット学習

中学ポピーの口コミ・評判はどう?料金や退会方法まで詳しく解説

当サイトのリンクには広告が含まれています。
お悩み母

通信教育の中学ポピーが気になっているけど、実際に使ってみた感じってどうなんだろう?

まつもと

教員や塾講師として約7年の指導経験があるまつもとです。

学校の問題集やドリルを作っている会社なので、教科書に合わせた学習が安く利用できると長年人気の教材です。

そこでこの記事では、中学ポピーを実際に利用した中学生や保護者の口コミや評判、料金や退会方法まで詳しくご紹介します。

>>小学ポピーの口コミ・評判はこちら

もくじ

中学ポピーはこんな中学生におすすめ

  • 中学校の教科書に合わせてしっかり学力をつけたい
  • タブレットより紙に書いて学習する方が好き
  • 費用は抑えながら学習習慣や基礎学力をつけたい

中学ポピーの基本情報

運営会社株式会社 進学社
学年中学1年生〜中学3年生(幼児、小学生もあり)
教科国語/数学/理科/社会/英語
料金月額4,750円〜(税込、学年によって料金が異なる)

中学ポピーの口コミ・評判

中3保護者
学校の授業の復習用として使っていたようです。

余計な付録もなく「勉強する教材」という感じなので、コツコツやりたいうちの子には合っていました。

おかげさまで1学期の定期テストも学年10位以内に入れたと喜んでいたのでよかったです。

中1保護者
小学生の頃からポピーを使っていたので中学もそのままポピーで続けています。

中1の問題でも時々入試問題が出るようで、解けるとうれしいみたいです。

たまに問題がちょっと少ないと感じた時(得意な単元など)はあるものの、学校の宿題とも両立しやすく作られてるのかもしれません。

(独自アンケートより)

中2保護者
紙の教材なので自分で採点するのが面倒な子は向いていないと思います。

わが家は最初はポピーでやってたものの、次第に教材が溜まってしまい別のタブレット学習に切り替えました。

昔ながらで親としてはポピーでコツコツ頑張って欲しかったけど、子供がやらないならしょうがない…。

(独自アンケートより)

中2本人
テストの平均が50〜60点をウロウロしていたけど、ポピーでやるようになってから80点が取れるようになりました!!

覚えるモードが休み時間とかにも使えて便利でした!

(独自アンケートより)

中学ポピーの特徴・メリット

教科書準拠の教材で学校と同じように学習できる

中学ポピーを作っている進学社は、長年学校向けのドリルや問題集、定期テストを販売している会社です。

お子さんはもちろん、もしかしたら保護者の方の中にも使ったことがある方も多いかもしれませんね。

まつもと

私も教員時代によくお世話になっていました!

教科書にあったドリルなどを作ってきた経験から、中学ポピーも授業や定期テストに出題されやすい大切なポイントを絞った教材になっています。

お子さんの中学校で使っている教科書に合わせた教科書準拠の教材が毎月送られてくるので、学校の進度に合わせて基礎学力をしっかりつけることができますね。

また中学ポピーには「授業進度対応サービス」も用意されているので、

「学校行事の都合で単元の順番が変わった」
「学校の授業の進みが早くてポピーと合わない」

などの場合にも何度でも学校の授業進度に合わせて調整をしてもらえます。

定期テストや実技教科にも対応

中学生にとって大切なのが定期テスト。

毎月の教材とは別に「定期テスト対策予想問題集」で対策をすることができるのもいいですね。

年4回に分けてテスト形式の問題集が送られてくるので、テスト前の模擬試験のつもりでやるのがおすすめです。

時間もしっかり測って本番のテストのつもりでやれば、時間配分や解く順番なども事前に確認できます。

また高校進学に向けて早めに準備しておきたいのが内申点対策です。

内申点は日々の授業態度や理解度、提出物などを点数化したもので、調査書と呼ばれることもありますね。

主要5教科はもちろんですが、この内申点は実技教科も含まれて計算されるため、中学3年間の日々の授業の取り組みや理解がとても大切になってくるものなんです。

中学ポピーでは、5教科以外の実技教科(体育/音楽/美術/技術・家庭)の定期テスト対策ができる教材も用意されています。

要点がしっかり確認できる冊子になっているので、テスト直前にさっと確認できるのもいいですね。

シンプルな教材構成で料金が安い

中学ポピーを選ぶ方の理由として特に多いのが料金の安さです。

この後詳しくご紹介しますが、中学生向けのテキストタイプの通信教育としては月5,000円からと、かなり安く続けやすい価格ですね。

お悩み母

なんでこんなにポピーは安いんだろう?

まつもと

長年学校教材を作ってきたノウハウと、無駄のないシンプルな教材に絞っているからではないでしょうか。

またテレビCMなどの広告費をほとんどかけていないので、その分料金を安く抑えることができいているのもいいですね。

中学ポピーの料金は?

中学ポピー料金
中学1年生月4,750円〜5,000円
中学2年生月4,940円〜5,200円
中学3年生月5,035円〜5,300円

※全て税込料金

中学ポピーの料金は学年や支払い方法によって変わります。

12ヶ月の一括払いの場合は1ヶ月あたりの料金が安くなるためお得です。

ただ毎月払いでも中学3年生で5,300円というのは家計にも優しいですね。

他の中学生向け通信教育の月額料金と比較をしてみましょう。

中学ポピー4,750円〜(税込、5教科)
スタディサプリ2,078円〜(税込、5教科)
東進オンライン学校3,278円〜(税込、5教科)
進研ゼミ中学講座6,400円〜(税込、9教科)
スマイルゼミ中学生コース7,480円〜(税込、9教科)
すらら8,228円〜(税込、5教科)
Z会の通信教育8,115円〜(税込、5教科)

スタディサプリや東進オンライン学校ほどではありませんが、中学生向けの通信教育の中でもかなり料金が安く設定されているのが分かります。

また紙のテキスト教材なので、タブレットやWi-Fi環境を整える必要もありません。

月額料金以外の費用もかからないのも、中学ポピーならではの魅力ですね。

中学ポピーの退会方法は?

中学ポピーを退会するには、毎月届けてくれる支店(支部)に連絡をすればいつでも退会手続きをすることができます。

退会したい月の2ヶ月前の20日までに連絡が必要と少し申し出の時期が早めなので気を付けましょう。

一時的にお休みする休会も同様に支部への連絡が必要です。

まずは中学ポピーを試してみよう

中学ポピーの口コミや評判、料金などを詳しくご紹介しました。

教科書に合わせて着実に定期テストや日々の授業対策ができる中学ポピーですが、一番大切なのは「お子さんに合った教材でしっかり続けられるかどうか」ですよね?

中学ポピーは無料でお試し教材やパンフレットを取り寄せることができるので、まずはお子さんと一緒に教材をしっかりとチェックしてみましょう。

まつもと

資料の到着までには約1週間程度かかります。
混み合う時期だとさらに遅れることもあるので、気になった今のタイミングでまずは早めに取り寄せておきましょう!

→中学生向けおすすめタブレット学習をもっと見る

もくじ