ポピー

【月刊ポピー】の評判はどう?小学生保護者の口コミや解約(退会)方法までご紹介

管理人が教員や塾講師をやっていた頃、特に低学年で特に多く利用されていたのが「月刊ポピー」です。

当時は「なぜそんなにポピーは人気なんだろう?」と思っていましたが、今では、月刊ポピーは学校の授業を確実に身につけていける問題の質と学習量をしっかりと兼ね備えている教材であると考えています。

そこでこの記事では、月刊ポピーの評判や保護者の方の口コミなどを詳しくご紹介していきますね。

>>【月刊ポピー】公式ページはこちら

月刊ポピーはこんな子にオススメ

  • 小学校の学習の復習を確実にやりたい
  • 学校のテストでいい点数を取りたい
  • 習い事をしているので、あまり教材に費用を書けずに力をつけたい

月刊ポピーの基本情報

運営会社 教育出版社
対応学年 幼児〜中学生
対応教科 【小1・小2】国語・算数 【小3〜小6】国語・算数・理科・社会
利用可能サービス 学習進度を調整できるサービス、ポピー診断サービス、教育相談サービス
料金 月2,565円〜(学年や支払い方法によって異なる)
キャンペーン情報 2019年度の新小1、中1コースを受講でもれなく時計や学習ゲームソフトなどプレゼント
公式サイト 【月刊ポピー】公式ページ

月刊ポピーの特徴

小学校で使用しているテストやドリルに形式が近い

ポピーを作っている教育出版社は、学校の先生にはおなじみの教材会社です。

というのも、教育出版社は小学校で使用している単元テストやドリルなども多く作っていて全国の数多くの小学校で利用されているからです。(管理人も教員時代にかなりお世話になりました!)

あなたが子供の頃や実際にお子さんのテストやドリルでも使っているのではないでしょうか?

そんな会社が作っている月刊ポピーなので、小学校で学習する内容や大事なポイントを確実に、わかりやすく押えた教材の作りになっています。

実際にポピーの教材を見ると、学校のテストやドリルと似たような作りになっているのに気がつくかと思います。

子供も普段から学校で使っているドリルなどと同じ形式なので、使い方に戸惑うこともなくスムーズに家庭学習を始めることができますね。

またテストに出る大切な部分もポピーで学習していればしっかり押さえられるのが、小学生から人気の秘密だったんだなぁと今になって感じます。

またポピーは全国各地で使われている教科書に合わせた教材を送ってくれるので、お子さんが使っている教科書の内容に一致した教材を使って学習することができます。

学校によっては、行事や進度の関係で多少学習内容を前後することがありますが、そんなイレギュラーな単元変更にも対応可能。「授業進度対応サービス」があり、連絡をするとすぐに先の教材も送ってくれるので安心です。

自分で学習を進められる丁寧な「てびき」と、学年に応じた学習量

ポピーはテキスト学習が基本なので、採点も低学年の場合は保護者、高学年では自分でする必要があります。

答えだけ書いてあれば採点はできますが、わからない部分やなぜ間違えたのかを知りたいときには解説を詳しくみたいですよね。ポピーには丁寧な解説がついた「てびき」がついてくるので、自己採点をする時にかなり役立ちます。

またポピーの良さは、学年に応じた学習量をしっかりと確保できるということです。

小学生の家庭学習の時間の目安として「学年×10分」と言われていますが、ポピーでは見開き2ページでこの「学年×10分」となるように教材が作られています。

問題の量をただ増やすだけではなく、見開き2ページに収まる量で問題の質をあげて最適な学習量にしているというのがポピーの良さだと感じました。

月額料金がリーズナブルで続けやすい

ポピーが人気の理由の大きなポイントが月額料金が安いということです。

低学年の価格は他社と比較してもそこまで大きな違いはありませんが、学年が上がっていくに連れて金額に大きく差が開いてきます。

提供されているサービスの内容が違うので一概には比べられませんが、「小学校の授業を確実に身につけたい」「学校のテストで100点を取りたい」という目的であればかなりリーズナブルでお得な教材です。

下の料金一覧で、料金を詳しくご紹介しています。

月刊ポピーの料金一覧

年払い 半年払い 月払い 教科数
小1 月2,565円
(30,780円)
月2,631円
(15,790円)
2,700円 2教科
(国語・算数)
小2 月2,660円
(31,920円)
月2,730円
(16,380円)
2,800円 2教科
(国語・算数)
小3 月2,945円
(35,340円)
月3,021円
(18,130円)
3,100円 4教科
(国語・算数・理科・社会)
小4
小5
小6
月3,230円
(38,760円)
月3,315円
(19,890円)
 3,400円 4教科
(国語・算数・理科・社会)

※全て税込料金です。
※年払いの金額は、4月〜3月までの同一学年として計算しています。

一番お得なのは年払いですが、先ほども言ったように月払いでもかなりリーズナブルですね。

月刊ポピーの口コミと評判

1年生には、授業に関係なく1日1ページ取り組むドリルと、国語と算数のワークが中心です。ワークは教科書に準じていて、学校で習ったら家でワークで復習する感じです。テストもついてます。毎月ではないですが、国語力を育む目的のワークや生活科の冊子など、色々付いてきます。息子の通う小学校では、学年×10分+10分を家庭学習の時間の目標にするよう言われているのですが、宿題に加え、毎日のドリルと習ったところの復習のワーク等やっていると、スムーズにすめば息子の場合は20分くらいでできます。英才教育には物足りないかもしれませんが、学校の授業を中心に、家庭学習の習慣を付けさせたいならオススメです。(小1保護者)
うちはチャレンジからポピーにしました。ポピーは チャレンジから比べるとシンプルです。チャレンジが四年から高くなること、娘が絵がごちゃごちゃしてて見にくいこと、チャレンジの付録にはあまり興味が無いので(付録を使わず終わったり…)でやめました。うちはまず見本を取り寄せてやらせてみましたが、娘が読みやすいと言うのでポピーにしました。学校の問題集等を製作している会社なので、テストに出る問題なども書いてあります。(小5保護者)
年長からずっとポピーをやってます。うちの子は学校で習ってからでないと、問題を解かないので合ってると思います。ただ、ポピーは学校の教科書に沿った基本的な問題が多いので、四年生からZ会の国語を足しました。ちなみにポピーは丸付けは親がやりますので、ちょっと面倒臭いです。高学年になったら自分で丸付けをさせるといいらしいですが、うちはまだ自分で丸を付けようとしないので、私が丸付けしてます。(小4保護者)
ポピーの教材を配達するお仕事をしています。娘も今4年生ですが年少さんの時から続けています。学校の授業と同じペースで教材をお届けするので無理なく出来ると思いますよ。一ヶ月だけ、三ヶ月だけやってみるのも良いかも。(小4保護者)

月刊ポピーの解約(退会)方法

やめたい月の2ヶ月前までに連絡すれば退会することができます。

基本的に申し出がない場合は自動継続になるので、都合で続けられない場合は早めに連絡をしましょう。

月刊ポピーを気軽に体験してみよう

月刊ポピーについて、管理人から見た特徴や保護者の方の口コミなどを見てきましたが、どんなにいい教材でもあなたのお子さんにポピーが合っているかどうかが一番大切ですよね。

そこでおすすめなのが実際に教材を見たり使ってみたりすることです。

ポピーでは無料のお試し見本が取り寄せられるだけでなく、1ヶ月だけのお試し購読をすることができます。

1ヶ月購読は1ヶ月分の料金はかかりますが、1ヶ月間実際の教材でじっくりと子供との相性や家庭での取り組み方を確認することができるのでかなりおすすめです。

続けたくなればそのまま購読できますし、「やっぱり合わなかった」「もう少し他の教材も見てから決めたい」と思えばその1ヶ月で利用をやめることができるので気軽に試すことができるのがいいですね。

他社に比べると、月刊ポピーはしっかり教材を試すことができるなぁという印象です。

ぜひお子さんにポピーがあなたのお子さんに合っているかどうか、試してみてくださいね。

>>【月刊ポピー】公式ページはこちら