ランキング

【2019年度】通信教育の入学準備号4社を比較!いつから?料金は?

もうすぐうちの子も小学生。通信教育の入学準備号が気になっているけど、どれがいいのかな?

幼稚園・保育園から小学校へ入学することは、親子にとっても大イベントの1つですよね。

しかし大きな環境の変化に心や体が追いつかず、学校に行けなくなることもある「小1プロブレム」という問題が起こる可能性も。

楽しく充実した小学校生活のためにも、今のうちから学習面や小学校のしくみなどを準備できるのが、各通信教育が用意している入学準備号です。

そこでこの記事では、

の4社の入学準備号を、気になる項目ごとに徹底比較していきます!

通信教育の入学準備号、いつから始められる?

進研ゼミ(チャレンジ) 年長8月号〜3月号まで
スマイルゼミ 年長12月号〜3月号まで
Z会の通信教育  年長10月号〜3月号まで
月刊ポピーポピっこ 年長さんならいつでもOK

一番早く始められるのは進研ゼミ。

各社とも、開始した後でも途中から申し込みも可能です。

進研ゼミやスマイルゼミは時期に合わせて「夏休みBOX」「クリスマスセット」と子供へのプレゼントにもなるので、誕生日やクリスマスプレゼントとしてもいいですね。

ポピっこは特別に「入学準備号」とうたっているものはなく、年長教材の「あおどり」で1年を通じて入学準備を意識した構成になっています。

2019年からはリニューアルしてさらに使いやすくパワーアップしています。

通信教育の入学準備号では何が学べる?

どの教材にも共通しているのは、国語と算数の学習ができることです。

また小学校生活への期待を高めてくれるような工夫もされているので、どの教材もワクワクした気持ちで学習ができるのではないでしょうか。

はなこ
はなこ
それでは4社の入学準備号をより詳しく見ていきましょう!

進研ゼミ(チャレンジ)

学習内容

ひらがな・カタカナ・数字の練習、算数・国語、早寝早起き、持ち物準備、名前の練習帳、交通ルール、名前シールなど

かなりボリューム満点のセットになっていますね。

特に小学校へ向けた生活習慣について学べる教材や付録が充実。

名前が印刷されている名前シールは、お母さんの入学準備の負担も減らしてくれるありがたいアイテムですね。

>>進研ゼミ(チャレンジ)公式ページ

>>進研ゼミの口コミはこちら

スマイルゼミ

学習内容

国語(読む/書く/聞く/話す)・算数(数の数え方/時計/数の並びなど)・英語・漢検ドリル・計算チャレンジ・計算ドリルなど

スマイルゼミは専用タブレットとデジタルペンを使って学習します。

動画や自動採点などのしくみでタブレット1つですべて学習が完結するため、ものの管理が必要ないのは大きなメリットです。

また英語が入学準備に含まれているのも他にはない特長ですね。

>>【スマイルゼミ】公式ページ

>>スマイルゼミの口コミはこちら

Z会の通信教育

学習内容

国語・算数のワーク学習、体験課題(ことば・数・表現・生活など)

Z会の特長は「体験課題」という実際に触れたり親子で話したりしながら、小学校生活で必要な知識をつけていく教材があることですね。

将来的な思考力育成も視野に入れ、シンプルでありながら作り込まれた教材で学ぶことができます。

>>【Z会の通信教育】公式ページ

>>Z会の通信教育 口コミはこちら

月刊幼児ポピー「ポピっこ」

学習内容

わあくん(生活科につながるワークブック)、ドリるん(ことば・もじ・かず・ちえ)、入学準備計画(保護者向け情報誌)など

ポピっこの「あおどり」は、2冊の本で学習を進めていくのが特長です。

量もあまり多くはないので、習い事などで忙しい子でも無理なく学習を進めることができますね。

10月〜3月限定で保護者向けの入学準備に向けた情報誌も付いてくるため、具体的にどんなことを意識して準備をすればいいのかがわかりやすいです。

>>【幼児ポピー】公式ページ

>>月刊ポピーの口コミはこちら

入学準備号の月額料金は?

進研ゼミ(チャレンジ) 受講料(2,705円〜)に含まれるため無料
スマイルゼミ 2,138円〜
Z会の通信教育 受講料(2,690円〜)に含まれるため無料
幼児ポピーポピっこ 980円(2019年4月より1,100円)

(すべて税込価格)

入学準備号の月額料金は、それぞれしくみが違うのでよく確認しておきましょう。

進研ゼミとZ会は、年長さん教材(もしくは小1教材)を受講している人に入学準備号も届きます。

そのため、入学準備号だけを受講することはできません。

ポピっこは、そもそも年長さん教材で入学準備を学ぶので、教材の受講料のみです。

スマイルゼミは、入学準備号のみで受講可能。支払い方法によって金額が変わることと、専用タブレットを持っていない場合は端末代金9,980円がかかります。

費用面やシンプルさで考えるとポピっこが一番リーズナブルでわかりやすいですね。

入学準備号から小学校教材への移行はスムーズ?

進研ゼミ(チャレンジ)
スマイルゼミ
Z会の通信教育
幼児ポピーポピっこ

どの教材も、年長教材や入学準備号が終わったら自動的に1年生へと継続します。

小学校教材は使わない場合は退会することもできますが、そもそも入学準備号は1年生への教材も継続する前提で作られていますので、入学準備号を申し込む時に1年生向けの教材もしっかりと内容を確認しておくのがおすすめです。

通信教育の入学準備号 比較一覧表

おすすめ度 開始時期 料金
進研ゼミ(チャレンジ) 年長8月号〜 無料・受講が必要
(月2,705円〜)
スマイルゼミ 年長12月号〜 2,138円〜
Z会の通信教育 年長10月号〜 無料・受講が必要
(月2,690円〜)
幼児ポピーポピっこ いつでも 980円
(2019年4月より1,100円)

4社の特長を一覧にしてみました。

正直どれも良さがありますが、

  • 学習から生活習慣まですべて網羅するなら進研ゼミ(チャレンジ)
  • タブレット学習で英語も学びたいならスマイルゼミ
  • シンプルで最低限の準備をしたいならZ会の通信教育
  • シンプルな教材をできるだけ安く学習するなら幼児ポピーポピっこ

がそれぞれおすすめです。

どの教材も無料の資料請求ができますので、まずは気になるものを取り寄せてみましょう。

お子さんに合った通信教育で楽しく入学準備をしてくださいね!