タブレット学習

【2022年】小学生のタブレット学習おすすめ教材9社!徹底比較ランキング

オンラインでできる小学生向けのタブレット学習が気になっているけど、どれがいいんだろう?おすすめが知りたい!
小学生向けのタブレット学習の教材ってたくさんあるけど、学習効果はどうなのかな?

実際に使った人の口コミを知りたい!

まつもと
まつもと

塾講師や小学校教員など約7年間の指導経験があるまつもとです。

オンライン学習やタブレット学習は今どんどん増えていて話題ですが、たくさんありすぎて迷っている方も多いのではないでしょうか?

タブレット学習は、お子さんが楽しく学習習慣と学力をつける上でとても使いやすい教材です。

ただそれぞれのタブレット学習教材は、特長や向いているお子さんのタイプが違います。

他人のおすすめや知名度だけで決めるのではなく、あなたのお子さんにあった教材を選ぶことが一番大切ですね。

まつもと
まつもと
そこでこの記事では、小学生のためのタブレット学習教材9社を徹底比較した上で、元小学校教師である管理人が本当におすすめしたい教材をご紹介します。

【小学生向けタブレット学習教材】

まつもと
まつもと
以下の9社は無料で資料請求や体験学習をすることができます。

できれば2社以上体験して比較すると、お子さんに合った教材が選べる可能性が高まります。

※リンクをクリックすると、各社の公式ページに飛びます。
※料金はすべて税込表記です。


すらら
月額8,228円〜

・コーチ付き無学年学習
・自宅のPC/タブレットで学習
・特に勉強嫌い、不登校の子への実績豊富


進研ゼミ
(チャレンジタッチ)
月額2,980円〜

・学習スタイルが選べる
・専用タブレットで学習できる
・2022年度新1年生から新タブレットに


スマイルゼミ
月額3,278円〜

・タブレット1台で完結
・専用タブレットで学習できる
・2022年度より無学年学習スタート


Z会の通信教育
月額5,910円〜

・思考力・応用力養成
・中学受験に強い
・iPadかテキスト学習を選べる

 
リス算数
月額2,728円〜

・算数特化の無学年学習
・専用タブレットで学習できる


東進オンライン学校
月額2,178円〜

・東進と四谷大塚の講師によるオンライン授業
・授業後や月例テストでしっかり基礎力をつける


スタディサプリ
月額1,815円〜

・小4から利用OK、教科書準拠
・動画授業が見放題
・自宅のPC/タブレット/スマホで学習できる


ワンダーボックス
月額3,700円〜

・4〜10歳向けのSTEAM教育教材
・トイ教材とアプリで楽しく思考力育成できる


デキタス
月額3,300円

・かわいいキャラクター
・自宅のPC/タブレットで学習できる

 

【2021年】幼児向け通信教育おすすめベスト5!年少・年中・年長教材を比較ランキング 幼児向けの通信教育はたくさんあるものの、どれを選べばいいか迷っている方も多いのではないでしょうか? この記事では、...

>>中学生向けタブレット学習教材もチェックする

もくじ

小学生におすすめのタブレット学習教材ランキング

まつもと
まつもと

それでは小学生におすすめのタブレット学習教材を見ていきましょう。

それぞれおすすめポイントや利用できるタブレットの種類も紹介しているので、タブレット教材選びの参考にしてくださいね。

タブレット学習のすらら


すらら公式ページをチェックする

  • 現役塾講師の「すららコーチ」による学習サポート体制が万全
  • 学年を超えた先取り学習や復習ができる
  • 勉強嫌い・苦手な子におすすめ
対象学年小学1年生〜高校生
教科国語・算数・英語・理科・社会
月額料金入会金7,700〜10,000円(税込、コースによって異なる)
月8,228円〜(税込、コースによって異なる)
専用タブレット無し
使用できる端末自宅のパソコン・スマホ・タブレットで利用可能
小2保護者
小2保護者
タブレット学習なのに専任の先生がいるのは珍しいと思います。

息子の性格や生活習慣までしっかり聞いてくれた上で学習スケジュールを組んでもらえるので、ほぼ個別指導のような感覚です。

塾より安いし何より単元テストの点数も上がったし、息子が飽きるまではぜひ続けさせたいです。

小4保護者
小4保護者
娘はパソコンやゲームが好きだったこともあり、嫌いだった算数もゲーム感覚で取り組んでくれてます。

今では算数が得意科目になってきました。

親としては娘が自分に自信を持ってくれたのが何より嬉しいと感じてます。

すららは

「学習の習慣をしっかりつけたい」
「小学校高学年になったけど勉強が全然できない」
「勉強大っ嫌い!」

というお子さんにこそおすすめしたいタブレット学習教材です。

正直一般的な知名度としてはあまり高くないのですが、

  • 2012年には「日本e-Learning大賞文部科学大臣賞」を受賞
  • 全国2000以上の塾や学校で使われている

という、教育業界でも今注目されている教材です。

一人一人に合わせた教材を10分程度の短い時間でしっかり定着できるように、個性的なキャラクターと対話をしながら学習を進めていくことができるので、お子さんも負担なく力をつけることができますね。

特にすららの大きな特徴なのが、現役塾講師「すららコーチ」による学習サポートやアドバイスを受けられることです。

お子さんのサポートはもちろんですが、保護者にも定期的に学習状況を知らせてくれたり声の掛け方をアドバイスしてくれたりと勉強に悩む親子にはかなり心強い存在になってくれます。

まつもと
まつもと
また発達障害不登校などの悩みを持つ家庭にも丁寧な指導をしてくれることでも評判のタブレット学習教材です。

\1月限定のキャンペーン中!/

すらら公式ページをチェックする
>>すららの口コミ評判を見る

進研ゼミ「チャレンジタッチ」

進研ゼミ 公式ページ

  • 英語やプログラミングの学習も豊富に用意されている
  • テキスト教材「チャレンジ」への変更も可能
  • Wとき直しシステムで確実に身につける
  • 家庭学習の習慣がついていない子におすすめ
対象学年小学1年生〜小学6年生
教科 国語・算数・理科・社会・英語・プログラミング
月額料金 2,980円〜(税込、支払い方法・学年によって異なる)
専用タブレット あり
使用できる端末 専用タブレットのみで利用可能
小3保護者
小3保護者
すぐ採点してくれるので、間違えてもすぐ答えが確認できていい。

親がつきっきりでなくても、一人でどんどん進めていくのでありがたい。

小2保護者
小2保護者
紙の教材だと言ってもなかなか勉強しなかったのに、タブレットにしたら自分から楽しくやり始めてくれて助かってます。
小2保護者
小2保護者
親のスマホに子供が間違えたポイントなどのメールが届くので安心する。

進研ゼミでは各学年で

  1. テキスト教材の「チャレンジ」
  2. 専用タブレットを使った「チャレンジタッチ」

の2種類があり、学習スタイルに合わせてどちらかを選ぶことができます。

特に人気が高まっているチャレンジタッチでは、

  • 学校の授業に合わせた学習が動画やイラストなどを活用して学べる
  • 英語やプログラミングの基礎を学ぶこともできる

と、様々な視点から学習を進めることができますね。

またアニメーションやイラストなどでお子さん自身が興味を持って取り組みたくなるような仕組みがたくさん用意されているのも、進研ゼミならではの特長です。

まつもと
まつもと
さらに2022年度の新1年生からは、新しい専用タブレット(チャレンジタッチネクスト)になります!

これまでのチャレンジタッチにもあった

  • チャレンジイングリッシュ(月2,000円相当)が無料
  • 毎月月末に赤ペン先生の添削指導がタブレットから簡単送信できる
  • 漢字の即時判定や自動採点
  • 忘れた頃に自動で復習できる「W解き直しシステム」

などの内容はそのままに、より紙と同じような感覚でスムーズに文字が書けるようになります。

タブレット画面に手をついても反応しないように改良されたので、よりストレスなく学習に集中できそうですね。

まつもと
まつもと

すでに2022年度向けの入学準備号もスタートしています。

こまめに最新情報も更新されているので、公式ページも確認してみてくださいね。

進研ゼミ(チャレンジタッチ)公式ページをチェックする
>>進研ゼミ(チャレンジタッチ)の口コミ評判を見る

スマイルゼミ小学生コース

スマイルゼミ公式ページをチェックする

  • タブレット学習教材の先駆け
  • 学校の進度に合わせて授業の予習・復習ができる
  • 専用ペンで漢字練習もなめらか
対象学年年長〜小学6年生
教科【小1〜小2】国語・算数・英語
【小3〜小6】国語・算数・英語・理科・社会
月額料金 3,278円〜(税込、支払い方法・学年によって異なる)
専用タブレット あり、タブレット代金10,978円(税込、1年継続利用の場合)
使用できる端末 専用タブレットのみで利用可能(タッチペン付き)
小3保護者
小3保護者
教材が自分から進んでやりたくなるようによく考えて作られている。

テストにスマイルゼミでやった内容が出たとすごく喜んでいた。

嫌いだった漢字の練習も自分からやるようになり、学校のテストも満点をとることが増えてきた。

小5保護者
小5保護者
スマイルゼミのコメント機能で手軽にやりとりができて、親子間の衝突やイライラが減りました。

2012年からタブレット学習を独自に開発し、タブレット学習の先駆けとも言えるのがスマイルゼミです。

「学習習慣の定着」を最も大きな目的としていて、楽しめる学習内容はもちろん親子専用のラインのようなコミュニケーションツールも用意されています。

また専用タブレットを購入して利用するので、お子さんが勝手にWebサイトを見たりSNSを利用したりすることも防げるのも親としては安心ですね。

また2022年4月より、無学年学習ができる「コアトレ」がスタート。

国語と算数のみですが、追加料金なしで利用できるのは嬉しいですね。

まつもと
まつもと
タッチペンを使って鉛筆のように計算や漢字の練習もできるので、年長さんや1年生でも無理なく学習を楽しめます。

スマイルゼミ公式ページをチェックする
>>スマイルゼミの口コミ評判を見る

Z会の通信教育「小学生タブレットコース」

Z会 の通信教育 公式ページをチェックする

  • 良質な問題とシンプルな作りが評判
  • やりごたえのある応用問題多め、中学受験コースもあり
  • 学校の勉強+αの学習がしたい子におすすめ
対象学年小学1〜6年生
教科 国語・算数・理科・社会・英語・総合的な学習・プログラミング
(小1は国語・算数・英語・みらいたんけん学習・プログラミング)
月額料金 2,992円〜(税込、支払い方法・学年によって異なる)
専用タブレット 無し
使用できる端末 iPadと対応タッチペンのみ利用可能
(パソコン・スマホ・アンドロイド端末は利用不可)
小4本人
小4本人
学校のテストでわからない問題が少なくなりました。

英語は発音や意味をしっかり教えてくれてとてもわかりやすいです。

小4保護者
小4保護者
タブレットコースでも提出課題があり、担任の先生がしっかり解説してくれます。

小学生向けの教材としてはシンプルですが、無駄なものがないので集中して学習しやすいようです。

小5保護者
小5保護者
学校より先にZ会で学習するので、学校の授業が楽しくなったと言っていました。

理科の実験などがイラストでなく動画で見られるところがいいですね。

Z会の通信教育では、2021年度より小学1年生〜6年生まで全学年でタブレットコースができるようになりました。

主要4教科に加えて

  • 英語
  • 総合的な学習
  • 自分で問題解決ができる思考力

を養うことができます。

算数や理科・社会は学校の学習内容に対応していて、考え抜かれた応用問題が豊富。

「学習意欲があるのでより効果的に難易度の高い学習をしたい」というお子さんにおすすめですね。

また小学3年生から始まる中学受験コースでは、テキスト教材と合わせてタブレット学習を効果的に使用します。

まつもと
まつもと
「まだ中学受験の塾には早いけど、早めに対策を始めたい」という場合はZ会の中学受験コースから始めるのもおすすめです。

Z会 の通信教育 公式ページをチェックする
>>Z会の通信教育 口コミ評判を見る

RISU算数(リス算数)

  • 学年を超えて算数の先取り学習ができる
  • 東大や早稲田大など、現役大学生チューターによる動画フォローがある
  • AI機能でお子さんに合ったレベルの問題を自動出題&即時採点
対象学年幼児(年中)〜小学6年生
教科算数のみ
月額料金月額2,728円〜(税込、学習進度に応じて変わる)
専用タブレット あり、タブレット代金は無料
使用できる端末専用タブレットでのみ使用可能
小1保護者
小1保護者
RISU算数のタブレットを新しく始めたら、問題が面白いみたいで楽しそうに解いていました。

やらせてよかったです。

小3保護者
小3保護者
余計なゲームなどもなくてシンプルだし、無学年制で進めるのも気に入りました。

自分のタブレットを手に入れたのが嬉しいようで、私が何も言わなくてもどんどん進めてくれています。

この調子で算数の苦手意識が無くなるといいなと思ってます。

お子さんの学力に合わせてどんどん計算力や思考力をつけるなら、RISU算数(リス算数)はとても人気のタブレット学習です。

特に中学受験や算数が得意で算数検定取得を目指すお子さんが多く利用している教材ですね。

リス算数は算数のみに特化していて、ゲーム感覚でお子さんのペースに合わせてどんどん進めていくことができます。

料金はお子さんの進度に応じて基本料金+利用料がかかりますが、進まない場合は利用料金が安くなるのも家計に優しい仕組みです。

まつもと
まつもと
最初に実力テストを受けた上で、お子さんに合った問題からスタートできるので、無駄なく学年を超えて可能性と学力を伸ばしていけるのがいいですね。

RISU算数 公式ページをチェックする
>>リス算数の口コミ評判を見る

東進オンライン学校

  • 中学受験に向けた基礎学力をつけたい
  • コスパと質の高さに優れたオンライン授業を探している
  • 塾と併用しながらオンライン授業を取り入れたい
運営会社株式会社ナガセ
対応学年小学1年生〜中学3年生
対応教科国語・算数・理科・社会(小学生)
英語・数学(中学生)
料金月2,178円〜3,762円
(税込、学年や料金プランによって異なる)
専用タブレットなし
使用できる端末自宅のパソコン、タブレット、スマホで利用可能
小4保護者
小4保護者
東進オンライン学校は毎回授業の最後に確認テストがあるので、理解しているかどうかをちゃんと確認できるのが良いですね。

おかげ様で学校の算数の単元テストが60点から90点代までアップしました。利用してみて本当に良かったです!

小3保護者
小3保護者
手元のテキストに沿ってのオンライン講義形式だったのでどうかな…と最初は不安でしたが、さすがはプロの先生。

子供をよく惹き付ける授業で、少し長めの授業時間でも子供は嫌がらずにやっています。

恥ずかしながら家庭では国語はなんとなくでしか教えられなかった部分がありましたが、しっかり根拠を示して教えてくれるのでとても良いです。

コスパの面でもリーズナブルでありがたいです。

東進オンライン学校は、有名進学塾として有名な東進と四谷大塚が提供しているオンライン学習です。

自分で教材を解く通信教育とは違って時間になったらオンラインで授業を受ける形式なので、

「通信教育は続かなかった」
「ある程度強制力がある方が学習習慣がついていい」

と考えているご家庭におすすめです。

特に小学部は2021年12月から4教科対応となり、より利用しやすくなりました。

1回30分〜40分程度と学校と同じくらいの授業時間ですが、プロ講師の授業がおもしろいので自然と集中して学習に取り組むことができます。

また毎回授業の最後に確認テストや、月1回の月例テストも実施。

まつもと
まつもと
楽しいだけでなく、しっかり学習が定着しているかを確認できるのもおすすめポイントですね。

東進オンライン学校 公式ページをチェックする
>>東進オンライン学校の口コミ評判を見る

スタディサプリ小学講座

  • 継続しやすい格安料金が魅力!
  • ベテラン塾講師の講義が受け放題
  • 中学受験向けの準備教材としてもおすすめ
対象学年小学4年生〜高校生
教科 国語・算数・理科・社会
月額料金1,815円〜(税込、支払い方法によって異なる)
専用タブレット 無し
使用できる端末 自宅のパソコン・スマホ・タブレットで利用可能
小6保護者
小6保護者
映像授業がとても分かりやすい。

解き方を図で表したりしてくれるので、理解しやすいようです。

問題はウェブ上で確認したりプリントアウトもできるので楽ですね。

小6本人
小6本人
分からない部分はなんども授業をみて確認できるので、自分のペースで勉強できて使いやすい
小5本人
小5本人
わからない単元はYouTube感覚で何度も動画を聞き直せるのがいい。

苦手科目は何度も見返して勉強していました。

小4保護者
小4保護者

月々の値段が安いのに授業がしっかりしててコスパが高い

親としても塾への送り迎えなどがなくて助かってます。

また余計な付録がついていないので勉強に集中させられるのも使ってよかったと感じる点です。

小5保護者
小5保護者
1つの科目に基礎と応用があるので、子供のレベルに合わせて学習が選べるのが良かった。

講師の方の説明も楽しくてとても分かりやすくて、子供もよく笑いながら見ている。

テレビCMでも多く見かける「スタディサプリ」は、何と言っても1,815円〜(税込)という月額料金の安さが魅力的です。

「あまりに安いから授業の質が不安」と思われるかもしれませんが、有名進学塾や教員として実績のある先生方の授業の質は非常に高いです。

わかりやすく要点をまとめながらも、子供の興味を引きつけてくれる授業は、大人が見ても新しい発見があって面白いですよ。

講師の先生は塾講師や教員経験のあるベテランの先生ばかりで、学校の授業と同じように黒板を使った授業は子供にとっても親しみが湧きますね。

まつもと
まつもと
通塾することを考えると、かなり安く質のいい講義が受けられるのが人気の秘密ですね。

スタディサプリ公式ページをチェックする
>>スタディサプリの口コミ評判を見る

ワンダーボックス

  • プログラミング的思考力や問題解決力を育てたい
  • 費用を抑えて気軽にSTEAM教育に触れてみたい
  • アプリと体験教材で、ゲーム感覚で楽しみながら学ばせたい
運営会社ワンダーラボ株式会社
対象学年4歳~10歳
月額料金月3,700円~月4,200円(税込・支払い方法によって異なる)
・兄弟を追加する場合は一人につき1,850円追加
専用タブレットなし
使用できる端末自宅のタブレット、スマホで利用可能
6歳保護者
6歳保護者
アプリとトイ教材の両方をとても楽しんでいます。

この前ロボットを作る教材があったのですが、親子で楽しみながら作ることができました。

アプリも余計なものがなくてわかりやすく、説明がなくても感覚的にできるのが良いみたいです。

思考力育成とはいえ無限に遊んでしまうので、1日の最後に全部終わった後に時間を決めてやらせてます。

小1保護者
小1保護者
カラフルな教材がとても好きなようで楽しんで毎月取り組んでます。

入会時の冊子で「毎日やらなくていい」「全部やらなくていい」というのがあって、親としても安心しました。

日によって取り組み方にばらつきはあるものの、特に迷路の冊子が好きなようです。

ワンダーボックスは、小学校低学年までを対象としたSTEAM教育ができるタブレット学習教材ですね。

国語や算数といった教科の学習ではなく、自分で考える力や問題解決力を育てることに特化した教材になっています。

ワンダーボックスは大きく2つの教材が用意されています。

  1. 手を動かして学ぶ「トイ教材」
  2. スマホやタブレットで学ぶ「専用アプリ」

トイ教材と専用アプリは連携しているので、例えば

「トイ教材で作った作品を撮ってアプリ上で動かす」
「作った作品を会員同士でシェアする」

という使い方ができるのがワンダーボックスならではですね。

まつもと
まつもと
勉強という感じではなく、遊びの中で自然と「こうすればいいのか!」というひらめき力やアイディア力を磨くことができます。

ワンダーボックス公式ページをチェックする
>>ワンダーボックスの口コミ評判を見る

デキタス

  • 有名進学塾が全面監修、学年を超えた学習が可能
  • 学習後のゲームやキャラクターが子供のやる気をサポートしてくれる
対象学年小学1年生〜中学生
教科【小1・2】国語・算数・生活
【小3〜小6】国語・算数・理科・社会
月額料金 小学生3,300円(税込)
専用タブレット なし
使用できる端末自宅のパソコン・スマホ・タブレットで利用可能

かわいいキャラクターと料金を抑えて学習するならデキタスもおすすめです。

30年以上進学塾を運営している城南進研グループが監修しているので、楽しみつつもしっかり学習が定着できるような作りになっています。

特に子供には学習した後にできるゲームやかわいいキャラクターが人気なので、普段ゲームをすることが好きな子にもおすすめのタブレット学習教材です。

まつもと
まつもと
1つの授業が2〜5分程度と短いので、空いている時間にさっと学習したり、習い事などで忙しいお子さんにもぴったりの教材ですね。

デキタス公式ページをチェックする
>>デキタスの口コミ評判を見る

小学生のタブレット学習の効果は?保護者の口コミから探る

タブレット学習は

  • 自動採点をしてくれる
  • 学習時間や学習の状況をメールやウェブ上で確認できる
  • 動画やアニメーションで楽しくわかりやすい

といったメリットが多く、特に忙しいお母さんに人気の教材ですよね。

しかし一方で

「やっぱり紙と鉛筆で勉強した方がいいのでは?」
「楽しいだけで、学習内容が理解できないのでは?」

と不安に思っている方もいるかもしれません。

まつもと
まつもと
そこでまずは、実際にタブレット学習をした小学生を持つ保護者の口コミを元に、学習の効果についてチェックしてみましょう。

小学生のタブレット学習は効果なし…の口コミ

小5保護者
小5保護者
授業に飽きたらほかの動画を見ていたことがあった。(スタディサプリ)
小3保護者
小3保護者
適当に押しても課題を終了することができてしまい、学習にならなかった(スマイルゼミ)
小2保護者
小2保護者
わが子に合わず、テキストの教材に変えた。

長女は楽しみながらできたけど、子供の興味によると感じた(小2・チャレンジタッチ)

お子さんによっては紙の教材の方が合っている場合もあります。

またタブレットの機能によっても、学習がしにくくなることもあるようですね。

>>紙で学習できるおすすめの通信教育はこちら

小学生のタブレット学習は効果あり!の口コミ

タブレット学習の効果については

  • ゲーム感覚で楽しみながら学習習慣がついた
  • 子ども1人で勉強するようになった
  • プリントや教材の管理の手間がなくて楽

などの声がありました。

もちろんお子さんの性格や好みなどにもよりますが、楽しみながら学習習慣をつけるにはタブレット学習はとても効果的な教材と言えますね。

小学生がタブレット学習をするメリットは?

ゲーム感覚で楽しく学習できる

宿題や勉強はどんなに言ってもなかなか始めないのに、テレビやスマホのゲームやYouTubeなどの動画は夢中になって見てる子も多いですよね。

テレビゲームや動画に夢中になるのは、子供にとって面白くて楽しいことがたくさんあるからです。

タブレット学習はそんな子供が夢中になるような面白くて楽しいコンテンツを入れつつ、しっかりと学習も理解できるように作られているので、あまり机に向かって自分で学習する習慣がない子でも進んでタブレット学習ができます。

動画やアニメーションでよりわかりやすく理解できる

ゲーム性のある仕組みだけでなく、タブレット学習の大きなメリットは動画で授業や問題の解説を見られることです。

ただ文章を読んだだけでは理解しきれない計算や理科の実験などを順番に動画で紹介してくれるコンテンツが多いので、よりしっかりとスムーズに学習内容を理解する手助けをしてくれます。

まつもと
まつもと
またテキスト学習のように紙面の限りもないので、豊富な図やイラストも多いのもメリットの一つですね。

即時採点や学習データなどの機能で学習管理がかなり楽

通信教育の教材でお母さんの大きな負担の1つが、採点をしてあげる必要があるということです。

採点を通じてお子さんの理解度を知ることができるので、親が採点をするのも大切なことではあるのですが、日々家事や仕事で忙しい中採点をしてお子さんに「ここが違ったよ」と伝え、理解させるというステップはなかなか大変ですよね。

タブレット学習であれば、

  • 問題が解けたらすぐに自動採点してくれる
  • 学習内容や正答率などすべてデータとして自動で蓄積される
  • 子供だけでなく保護者も専用ページなどで学習の様子がいつでも確認できる

とすべて自動でやってくれる上、スマホなどで学習状況を確認できるのでとても便利です。

教材のしまう場所や管理が少なくて済む

テキスト教材の通信教育で特に多くのお母さんが悩んでいるのが「教材をしまったり処分したりするのが大変」ということです。

1年2年と続けて行くうちに教材はどんどん溜まっていくので、保管場所や片付ける時間も取られてしまいます。

タブレット学習はタブレット1つあればいつでもどこでも学習ができてしまうので、教材の保管・処分の手間はなくなります。

まつもと
まつもと
また子供に「片付けなさい!」と言う必要もなくなるのは子供も親もストレス軽減になりますよね。

小学生がタブレット学習をするデメリットは?

次に、小学生のタブレット学習のデメリットとその対策方法を見ていきます。

目が悪くなる可能性がある

タブレット学習をする上で一番心配なのが「目に悪いんじゃない?子供のうちから視力が下がったらどうしよう?」という声が多く聞かれます。

確かにスマホやタブレット、パソコンなどの電子機器類を扱うのが当たり前になった現代では、子供だけでなく大人にとっても深刻な問題ですね。

タブレットを使う上では目に悪いと言われているブルーライトを完全に無しにすることはできません。

しかしできるだけ軽減させるための対策は意外と簡単にできます。

  • 15〜20分程度使ったら休憩する
  • ブルーライトカットレンズのメガネを使う
  • ブルーライトカットができるシートをタブレットに貼る

タブレットがなぜ目に悪いかというと、長時間の連続使用によって目に負担がかかることが一番大きな要因です。

なので短い時間で区切ったり、市販のグッズを使ってブルーライトをカットしておくと、子供でも大人でも問題なくタブレットを使うことができますよ。

また今回紹介したタブレット学習は、どれも10〜15分程度で1つの学習が完了できるように作られています。

まつもと
まつもと
「1つの学習が終わったら5分休憩する」などのようにスケジュールで習慣にしておけば、テレビゲームをするよりも目に負担がかからずに学習を進めることができますね。

タブレットが自宅にないと学習できない

タブレット学習の教材の中には、自宅にあるタブレットやスマホ、パソコンで学習するシステムのものが数多くあります。

自宅に使っているタブレットなどがあればいいのですが、親のスマホしかないというご家庭も多いのではないでしょうか。また「タブレットはあるけど子供に使わせたくない」という場合もあるでしょう。

そんな場合には、子供用の専用タブレットを使って学習できる教材がおすすめです。

進研ゼミのチャレンジタッチスマイルゼミなどでは専用のタブレットでしか学習ができないのでセキュリティーの面でも安心です。

専用タブレットはある期間までの継続期限が決められているものの、無料や格安で使用できることが多いので、新しく数万円するタブレットを購入することを考えると割安で使うことができます。

子供がタブレットを壊してしまう可能性がある

子供はものを壊すのが仕事と思ってしまうくらい、わざとでなくても落としたり壊したりしてしまうものです。特に数万円のタブレットを落としてしまうのは親としてもかなりハラハラしますよね。

改善策としては、しっかり対策をした上でタブレットを使わせてあげることが大切です。

自宅のタブレットであれば簡単なのは画面の保護シートや保護カバーをつけること。

まつもと
まつもと
また専用のタブレットを用意している会社の中ではタブレットを破損した場合の保証が用意されているところもあるのでこちらを利用するのもおすすめです。

漢字や計算など、紙に書かないと覚えにくいものが学習できない

小学生にとって鉛筆で漢字や計算を書く活動というのはとても大切です。

タブレット学習ではそうした書く活動ができないと思っている方もいるかと思いますが、タブレット学習でも鉛筆と同じようにペンを使って書く学習をすることができます。

特に漢字の練習は「とめ・はね・はらい」はかなり正確に即時採点をしてくれるので、正直大人が手動で採点するよりよっぽど正確に採点をしてくれます。

なので紙に書く活動をしっかりさせたい場合には専用ペン付きの教材を選ぶか、鉛筆の持ち方が不安な低学年のうちはテキスト教材にして3・4年生頃からタブレット学習でより学習の理解力をあげると方法もおすすめです。

もう一度タブレット学習ランキングを確認する

小学生のタブレット学習の選び方4つのポイント

学習の目的にあった教材かどうか

タブレット学習だけに限りませんが、通信教育の教材を検討するというのはお子さんに何かつけてほしい力や目的があるはずです。

まずは

なんのためにタブレット学習をするのか」

「タブレット学習を通じて子供にどんな力をつけさせたいのか

ということをしっかり考えてみましょう。

タブレット学習教材の中でも厳選した7社だけをご紹介していますが、最終的な決め手の一つになるのが学習の目的です。

  • 学校の授業についていけるようにしたい
  • 将来中学受験を考えているからそのサポートに利用したい
  • 家で全然勉強しないので、学習習慣をつけるためにタブレットを利用したい

それぞれの目的によって選ぶ教材も変わってくるはずですよね?

ぜひこの目的をしっかり踏まえた上で、教材を選んでみましょう。

サポート体制がしっかりしているか

タブレット学習は基本的にはオンラインで自宅で気軽に学習できるのが魅力ですが、一方で塾のような対面で先生にアドバイスもらう機会というのは少ないです。

タブレット学習教材の中には、そのデメリットを補うためにスカイプやメールなどで学習のサポートをしてくれるシステムがあるものも数多くあります。

まつもと
まつもと
特にあまり家庭での学習習慣が身についていないお子さんの場合は、このサポート体制ができているタブレット学習を選ぶのがおすすめです。

また学習計画を一緒に立ててくれたり、親が学習状況を把握することができたりと各社サポートは様々ですので、しっかり確認しておきましょう。

使用できるタブレットの種類を確認する

タブレット学習教材での必須アイテムであるタブレット端末ですが、その種類も様々です。

一般的にタブレットというとiPadやアンドロイドのタブレット端末が思い浮かぶかと思いますが、教材の中には

  • 専用のタブレット端末を購入する必要があるもの
  • iPadのみにしか対応していないもの
  • スマホやパソコンでも学習できるもの
  • パソコンでの学習を推奨しているもの

など、学習できる環境も様々です。

まつもと
まつもと
ご家庭での学習環境に合わせたタブレット学習の教材を選ぶか、利用したい教材に合わせた端末を用意するようにしましょう。

2社以上を実際に試して、お子さん自身が決める

目的やサポート体制などからある程度タブレット教材をしぼることができたら、最低でも2社以上を試してみるのが良いですね。

今回ご紹介しているタブレット学習はすべて

  • 無料の資料請求
  • 無料お試し体験
  • 1ヶ月のみの利用もOK

のどれかは1つできる教材です。

でも無料のお試しや資料請求って、しつこいDMや電話があるんじゃないの?
まつもと
まつもと
確かにお知らせのDMやメールは多少ありますが、電話連絡はほとんどありませんでした。

またDMやメールは、必ず配信停止ができるようになっています。

それぞれ下の方に配信停止の連絡先やURLが必ず載っていますので「ちょっと多いな」と気になった時でも安心ですね。

まつもと
まつもと
そして2社以上教材を取り寄せたら、必ずお子さんに実際に使ってもらいましょう。

実際に教材を使ってみることでお子さん自身も使い勝手が分かりますし、取り組む様子をみることで親もお子さんにあった教材を見つけやすくなります。

どの教材使うかを決める時は、ぜひお子さん自身に決めさせてあげられると良いですね。

「自分で決めたから最後までちゃんとやろう」と責任感を持つことができますし、

お子さんがサボりそうになった時も「自分で決めたからもう少し頑張ってみたら?」と声をかけてあげることもできます。

ちなみに5〜6社とたくさん試しても良いの?
まつもと
まつもと

お試しに上限はありませんが、あまりに多いと逆に選びづらくなることも。

最低2つ、多くても3つ程度に留めておく方がお子さんも決めやすいのでおすすめですね。

もう一度タブレット学習ランキングを確認する

小学生向けのタブレット学習に関するQ&A

何歳から使えるの?

教材によって異なりますが、

  • 幼児であれば年中〜
  • 小学生は1年生〜

教材が用意されています。

小学生向けタブレット学習であれば、ほとんどの教材が小学1年生から受講できるものがほとんどですね。

スタディサプリは小学4年生の学習内容からですが、年齢制限があるわけではないので例えば小学3年生の時にスタディサプリを受講することも可能です。

幼児向けになるとタブレット学習ができるのはかなり限られます。

例えばスマイルゼミワンダーボックス天神では、年中から幼児教材が用意されています。

まつもと
まつもと

また進研ゼミでは2022年度より年長向けタブレット学習「じゃんぷタッチ」がスタートすることが発表されました。

幼児向けタブレット学習も今後より増えていきそうですね。

>>幼児向けタブレット学習について詳しく見る

いつからタブレット学習を始めればいい?

多いのは小学1〜3年生と5年生。

でも始めたい時が始めどき!

学研教育総合研究所の「小学生の日常生活・学習・自由研究に関する調査」によると、

  • 通信教育を利用している小学生は全体の約25%(4人に1人)
  • 特に小学校低学年と5年生の利用者数が多い

というデータが出ています。

このデータは2018年のものなので、コロナの影響で家庭学習の機会が増えたことを考えると、さらにオンラインを含めた通信教育の利用者は増えていると予想できるかもしれません。

また「『お子さんの習い事』に関する実態調査」によると、小学生の習い事1位は「小学生向け通信教育」という結果もあります。

ただ大切なのは、今のあなたのお子さんに通信教育やタブレット学習が必要かどうかです。

「子どもが勉強に興味を持ってきた」
「そろそろ始めた方がいいかな?と気になっている」

と考え始めたタイミングで、まずは試してみる、資料を取り寄せてみるというのがいいでしょう。

まつもと
まつもと

特にお子さんの興味は移りがち。

「勉強したい!」という気持ちが見えたら、学習習慣をつけてあげるチャンスですね。

もう一度タブレット学習ランキングを確認する

先取り学習ってできるの?

学年を超えた先取りやさかのぼり学習ができる教材が増えてきました!

タブレット学習の多くはお子さんの学習履歴や正答率をAIが学習した上で、一人ひとりにあった難易度の学習ができます。

そのため紙のテキスト教材に比べてもお子さんにあった先取り学習がしやすくなりました。

特にすららリス算数などのような無学年学習の教材であれば、今のお子さんの学年に関係なく先取りや復習をすることができます。

大手のスマイルゼミも2022年度から無学年学習が始まることからも、今後も先取り学習も含めたお子さんにあった学習がしやすくなるのではと予想しています。

無学年学習以外の教材は先取り学習はできないの?
まつもと
まつもと
例えばチャレンジタッチなどの教科書準拠の教材も、1つ上の学年を受講するなどの先取り学習をすることはできます。

ただ学年全教科を1年通して学習しなければならないため、あまり自由度がないのは注意ですね。

チャレンジイングリッシュなど一部の単元はお子さんの理解度に合わせて学ぶことができるものもあります。

1日の学習量はどのくらい?

教材によりますが、1回10〜20分に設定されている教材が多いです。

1回10〜20分程度と無理のない時間で設定されているので、家庭での学習習慣がないお子さんでも始めやすいのがいいですね。

またほとんどのタブレット学習で、保護者が学習時間の制限ができる機能も用意しています。

ゲーム感覚で夢中になってやってしまうタブレット学習だからこそ、上手に時間を区切って学習習慣や学力アップを目指していきましょう。

プレゼントとして孫や親戚、友人などへ送ることはできる?

教材によってはできます。

期間限定プレゼントボックスを用意しているところも。

チャレンジタッチやスマイルゼミ、ワンダーボックスなどの専用タブレットや教材が郵送されるタイプのものは、期間限定のパッケージで届くものもあります。

またほとんどの教材で申し込み者とは別の住所に送ってもらうことも可能です。

ただしタブレット学習は毎月料金が発生するものなので、毎月の料金の支払い(もしくは一括払い)は必要になります。

買い切りがいいなら天神などのサブスクではないものもおすすめです。

インターネットに繋げずに使える教材はある?

ほとんどインターネット接続が必要。

ただし一部の教材はオフラインモードやインターネット不要のものもあり。

多くのタブレット学習はWi-Fiなどインターネットを利用して毎月の教材が配信される仕組みになっています。

スマイルゼミの「お出かけモード」のように一時的にオフラインで利用することはできますが、基本的にはオンラインでの利用が前提ですね。

ただし中には天神のようなUSBで教材を利用できるインターネット不要タイプのものもあります。

もう一度タブレット学習ランキングを確認する

タブレット学習のお試し体験ってできるの?

ほとんどの教材は、お試し体験や無料の資料請求ができます。

お試しの方法は各社で違うので、気になるタブレット学習の体験方法を確認しておきましょう。

すらら資料請求・お試し体験ができる(無料)
チャレンジタッチ資料請求でお試し教材がもらえる(無料)
スマイルゼミオンライン・オフラインの体験会に参加できる(無料)
Z会の通信教育資料請求でお試し教材がもらえる
(無料、タブレットのお試しは不可)
リス算数専用タブレットを使ってお試しができる(無料)
東進オンライン学校資料請求・14日間のお試し入会ができる
(無料、入会後14日以内の退会なら全額返金)
スタディサプリ14日間のお試し体験ができる
(無料、クレジットカードの登録は必要)
ワンダーボックス体験版アプリのお試しができる(無料)
デキタス5日間のお試し体験ができる(無料)

スマイルゼミやリス算数は、実際の専用タブレットを触りながら体験できますね。

またすららやスタディサプリなど、自宅のパソコンやタブレットを使って学習できる教材は、公式ページから気軽に体験ができます。

小学生のお子さんに合ったタブレット学習で、楽しく効果的に!

おすすめのタブレット学習9社について、ランキングで詳しくご紹介しました。

まつもと
まつもと

あなたのお子さんに合ったものは見つかりましたか?

気になったものは、ぜひお試しや資料請求をしてみてくださいね!

\1月限定のキャンペーン中!/

すらら公式ページをチェックする

>>もう一度おすすめタブレット学習をチェックする

>>幼児向け通信教育をチェックする