発達障害がある

【2019年度】発達障害の子におすすめのタブレット学習ベスト3!正しい教材の選び方は?

発達障害のわが子は学校の授業が聞けないし、このままでは勉強が心配…。

タブレット学習がいいって聞くけど、どんなものを選べばいいんだろう?

はなこ
はなこ
発達障害のあるお子さんは、障害のない子と比べると

集中力がなかったり、字を書くのが苦手だったりとうまくできないことは多いですよね。

「どうしてうちの子はこんなにできないのだろう」

「もっとわが子に合った勉強法はないだろうか」

と日々たくさんの悩みや不安を抱えている方も多いのではないでしょうか。

発達障害はお子さんの個性の1つですので、他のお子さんと比べる必要はまったくないですし、お子さんならではの得意や良さを持っています。

そのお子さんの良さを最大限発揮するための学習ツールとして今人気が高まっているのがタブレット学習教材です。

  • 苦手な文字を書かなくていい
  • イラストや動画で楽しい
  • 自分のペースで学習が進められる

と、発達障害のお子さんにとってはとても学習しやすい教材と言えます。

とはいえ、世の中にはたくさんのタブレット学習が出ているので、どれを選べばいいのかわからないですよね。

はなこ
はなこ
そこでこの記事では、発達障害のお子さんのタブレット学習の選び方のコツや、おすすめしたいタブレット学習ベスト3をご紹介します。

おすすめのタブレット学習ベスト3をチェックする!

発達障害の子にタブレット学習をおすすめしたい理由

発達障害と一言でいっても、

  • 注意欠如多動性障害(ADHD)
  • 学習障害(LD)
  • 自閉症スペクトラム(ASD)
  • 診断が出ていないグレーゾーン
  • 2種類以上の特性を持っている

など、お子さんによってタイプは様々で、得意なことも苦手なことも違いますよね。

具体的な例をあげると

  • 落ち着きがなく座っていられない
  • 学習の理解が学年に追いついていない
  • こだわりがありルーティーンが変わるとパニックになる

というお子さんは多いのではないでしょうか。

はなこ
はなこ
タブレット学習の中には、このようなお子さんの行動や個性を生かしつつも前向きに学習ができるしくみがあります。

3つの事例別にできることを見ていきましょう。

落ち着きがなく座っていられない

ADHDの子に多い特長ですね。

この場合はずっと同じところに長く座って学習するのは辛いことです。

タブレット学習は1回あたり10分程度で学習が済むものが多いので、集中力が続く短い時間で効率的に学習ができます。

またどこにでも持ち運べるタブレットやノートパソコンであれば、家のソファーや床に座ってなどお子さんのペースに合わせた姿勢で学習ができるのもいいですね。

動画やキャラクターを使っての授業なので、ゲーム感覚で勉強でき、楽しく進めることができます。

学習の理解が学年に追いついていない

特に学習障害をもつお子さんに多い悩みかと思います。

タブレット学習教材には大きく分けて

  • 学校の授業に対応した進度の教材が配信されるもの
  • 学年に関係なくできるところから学習できる無学年学習のもの

の2つがあります。

学習の理解が学年に追いついていない場合は、後者の無学年学習タイプのタブレット学習を選びましょう。

勉強は土台の上にどんどん積み重ねていくものなので、基礎がしっかりしていないと無理に今の学習をさせようとしても身につきません。

はなこ
はなこ
学年を超えて今お子さんができるところからコツコツ積み上げて、一歩ずつお子さんの自信を積み上げていってあげることが大切です。

こだわりがありルーティーンが変わるとパニックになる

自閉症スペクトラムをもつお子さんに多いお悩みではないでしょうか。

こだわりがある子は、毎日の習慣が崩れたり予想しなかったことが起こると不安になってしまいます。

毎日の学習習慣が記録できるしくみ自分で決まった時間にできるタブレット学習なら、こだわりのあるお子さんでも安心して取り組みやすいでしょう。

はなこ
はなこ
また学習したデータや学習時間、進み具合などがすぐに一覧で見ることもできるので、集めることが好きな子も達成感が得られておすすめです。

発達障害の子に合ったタブレット学習を選ぶポイント

発達障害に関しての知識やサポートがある

発達障害のあるお子さんが学習しやすい環境に不可欠なのが「発達障害に関しての知識や理解、サポート体制があるかどうか」ということです。

お子さんの学習環境を整えるという意味でももちろんですが、子育てに不安や悩みを持つご両親にとっても、悩みを相談する場があると安心ですよね。

タブレット学習は基本的には自宅で行う学習ですが、中には発達障害の専門家が監修していたり、サポート体制がしっかりしているタブレット学習もあります。

イラストや動画などで楽しく学べる仕組みがある

発達障害を持っているお子さんは視覚から入る情報の方が理解しやすく、記憶にも残りやすいことが多いですよね。

タブレット学習はカラフルなイラストや動画を見ながら学習を進めていけるので、学校のように一方的な授業を受けるよりも何倍も理解が早まり、学習を楽しめます。

またインターネットに繋がっていれば、新しい教材もタブレット上で受け取ることができるのも便利ですね。

今の学年に関係なく学べる

もしあなたのお子さんが学校での勉強を嫌がっている場合は、

  • 難しくて勉強したくない
  • 簡単すぎてつまらない

という2つの原因も考えられます。

学校で学ぶ内容は「○年生ではこの学習」と学年ごとに決まっていますが、一般的な枠にはまらない可能性を持っている発達障害のお子さんにとっては辛く感じている子も多いでしょう。

先ほどもご紹介したように、タブレット学習の中には「無学年学習」といって、今のお子さんの年齢に関係なく、できるところから学習を進めていく学習法を採用しているものもあります。

はなこ
はなこ
学年を超えて復習や先取りをしたい子は、無学年学習の教材を選ぶことでより自分に合った勉強を楽しくできるようになりますね。

発達障害の子におすすめのタブレット学習ベスト3

発達障害のお子さんに合ったタブレット学習を選ぶポイントを確認したところで、ぜひおすすめしたいタブレット学習を3つご紹介します。

選び方のコツとしてご紹介した3つのポイントもチェックしながら、お子さんに合ったタブレット学習選びの参考にしてくださいね。

はなこ
はなこ

どのタブレット学習も、公式ページから無料で資料請求や体験授業が受けられます。

あなたのお子さんに合っているかをチェックするためにも、気になった教材はまず体験や資料を取り寄せておきましょう!

【1位】通信教育のすらら

学習できる教科 国語・算数・英語
対応学年 小学1年生〜高校3年生
月額料金 小中コース 8,000円、小中高コース 10,000円
発達障害のサポート
イラストや動画
無学年学習

発達障害のお子さんのための家庭学習を考えたら、まず1番に試してほしいタブレット学習です。

すららは、

  • 発達障害の専門家が監修している
  • 発達障害のお子さんへの指導実績豊富な「すららコーチ」がサポート

と、かなり手厚く安心できる教材です。

また学年に関係なく、お子さんのできるところから少しずつステップアップして学習をしていきます。

お子さんも自信がつきますし、短時間で効率的に学習ができるのがいいですね。

学習スケジュールや進め方もお子さん専属のすららコーチが一緒に計画をしてくれます。

スカイプなどで直接話すこともできますし、もし話すのが苦手な場合はメールだけや保護者とのやりとりのみでも大丈夫です。

月謝の他に初回のみ入会金(1万円)がかかりますが、お得なキャンペーンをやっていることも多いですよ。

はなこ
はなこ
元教員の目から見ても、発達障害のあるお子さん全員にやってほしいくらい、教材もサポートもよくできているなと感じます!

\ 10月中限定で入会金1万円が無料!/

すららの公式ページをチェックする

>>すららの口コミ・評判はこちら

【2位】スタディサプリ

学習できる教科 国語・算数・理科・社会・英語
対応学年 小学4年生〜高校3年生
月額料金 980円
発達障害のサポート
イラストや動画
無学年学習

スタディサプリは発達障害のお子さん向けというわけではありませんが、月額1000円程度で小学生〜高校生の授業まで学年関係なく見放題のサービスです。

10分程度の授業動画を見ながら学習するスタイルで、プロ講師の面白い授業は大人が見ても楽しめて引き込まれるほどです。

はなこ
はなこ
よく有名大学生の授業動画を配信するアプリなどもありますが、はっきりいって授業の質が全然違います!

各教科「基礎コース」「応用コース」と2つのコース(算数は入門コースも含めた3つ)があり、学校の授業であれば基礎コースで十分です。

応用コースは中学受験にも出るような発展問題が多いので、得意科目だけ応用コースでどんどん興味を広げていくというのもいいですね。

スタディサプリの公式ページをチェックする

>>スタディサプリの口コミ・評判はこちら

【3位】スマイルゼミ

学習できる教科 国語・算数・理科・社会・英語・プログラミング
対応学年 小学1年生〜中学3年生
月額料金 2,980円〜
発達障害のサポート
イラストや動画
無学年学習

小・中学生向けのタブレット学習の先駆けであるスマイルゼミは、専用タブレットと専用ペンを使って学習するスタイルです。

1台のタブレットで主要教科とプログラミングも学ぶことができるので、しっかり学習しつつもお子さんの興味を広げてあげるのにいいですね。

スマイルゼミの大きなメリットは、専用ペンを使った漢字練習ができることです。

発達障害のあるお子さんの中には、文字を上手に書けずに書くことを嫌がってしまう子もいますよね。

はなこ
はなこ
私の友人のお子さん(学習障害がある)で、「紙に書くのは嫌だけどタブレット上なら誰にも見られないし、楽しくできた」という声も聞いたことがあります。

もちろんひらがなの練習もできるので、文字を書くのを嫌がっているお子さんにもおすすめできる教材です。

スマイルゼミの公式ページをチェックする

>>スマイルゼミの口コミ・評判はこちら

お子さんに合ったタブレット学習で楽しく学ぼう

発達障害のお子さんにぜひおすすめしたいタブレット学習をご紹介しました。

特におすすめなのは、発達障害に理解とサポートが手厚い「すらら」です。

でも一番大切なのは、お子さんが楽しく学習できるタブレット学習を選ぶということですよね。

今回ご紹介した「すらら」「スタディサプリ」「スマイルゼミ」は、どの教材も資料請求やお試し授業が受けられますので、2〜3つを比較しながら選んでみるのがおすすめです

資料が自宅に届くまでには3日〜10日程度かかるので、気になったものはすぐに資料請求をしておきましょう。

またお得な入会キャンペーンを実施していることもあるので、気になったタイミングでまずはチェックしてみてくださいね。

\ 10月中限定で入会金1万円が無料!/

すららの公式ページをチェックする

>>すららの口コミ・評判はこちら