年齢・学年別

【ランキング】小学6年生におすすめの通信教育は?元小学校教員が選ぶベスト3!

とうとう小学校最終学年の6年生!

中学校に向けて今のうちにしっかりと小学校の内容は身につけておきたいな。

はなこ
はなこ

6年生は中学生に向けて小学校の総復習の1年です。

通信教育でしっかりと基礎固めをして、自信を持って中学校へ進学できるようにしたいですね!

6年生向けの通信教育は数多くありますが、中学校への進学も見据えた教材選びができるとより良いですよね。

そこでこの記事では、小学6年生におすすめの通信教育を、元小学校教員の視点で厳選して3つご紹介します。

>>中学受験予定の子におすすめの通信教育はこちら

小学6年生ってどんな時期?

小学校の集大成の1年、学校の中心としての役割が増える

小学6年生は小学校の最後のまとめの1年です。

クラブ活動や学校行事などでリーダーを務める機会もあり、これまで以上に忙しくなる子もいるかもしれませんね。

特に2学期の後半以降は親も子も中学入学に向けてより忙しくなってきます。

勉強面ももちろん大切ですが、小学校のまとめの1年としてたくさんの思い出を作ってほしいですね。

小学校の総まとめをしっかりしておきたい1年

勉強面では、学年で学習する範囲に加えて小学校で学習した内容の総まとめになる時期です。

3学期になると勉強よりも卒業や入学に向けた準備の方が優先になって忙しくなりますので、1学期や夏休みのうちから苦手な教科や単元があればコツコツ復習をしていくのがおすすめです。

特に中学生はどれだけ家庭学習の習慣が付いているかどうかで成績が大きく変わってきます。

小学校のように先生が丁寧に指導してくれることも少なくなる場合が多く、より自主性が問われるようになると考えた方がいいでしょう。

今まであまり学習習慣が付いていなかった子も、6年生の1年間をかけてしっかり準備をしていけば中学校でもいいスタートが切れる可能性が高まりますね。

小学6年生の通信教育を選ぶ時のポイント

必要があれば学年を超えて復習・予習ができるものを選ぶ

5年生までに

  • 家で毎日学習する習慣が付いている
  • 授業で習っている内容は問題なく身についている

という場合であれば、6年生の内容をしっかりサポートできる教材や応用問題にもチャレンジできるような教材を選べると、お子さんの可能性も広げてあげられるのでいいですね。

しかし中には

  • 4年生や5年生の内容が身についているかちょっと怪しい
  • 学校のテストは平均以下
  • 宿題以外に家で学習する習慣がない

という子もいるかもしれません。

そのような場合は今の学年にこだわらず、学年を戻ってでも復習をするのをおすすめします。

中学生になると部活も始まる上に学習内容もどんどん難しくペースも速くなります。

宿題以外にも自分で学習するのが基本となりますので、小学生である6年生のうちに学力の土台となる基礎や学習習慣を身につけておくのが重要ですね。

中学生になっても利用できる教材がおすすめ

6年生向けの通信教育のほとんどはそのまま中学生向けのコースが用意されています。

中学生になってからまた違う通信教育を選ぶことももちろんできますが、環境が大きく変わる中で家庭学習の教材まで変わると新しいことばかりで混乱してしまう子もいます。

  • 中学生でも同じ学習機器を使用できるか(新たに買う必要などはないか)
  • 大幅に月額料金が上がることはないか
  • 英語も学習ができるかどうか

ということも今のうちに合わせてチェックしておくと安心です。

必ず比較して検討、最終決定はお子さん自身がする

選んだ教材を使って学習するのはお子さんです。

自分で決断をしたり考えて選んだりできる年齢ですので、どれを使うのかの決定はお子さん自身ができるといいですね。

できれば気になったものを2〜3つほどお試しして比較ができると、よりお子さんも決めやすく自分に合う教材を見つけることができますよ。

はなこ
はなこ
この後ご紹介する通信教育はすべて資料請求や実際の教材でお試しができますので、ぜひ利用してみてくださいね。

小学6年生におすすめの通信教育ベスト3

1位 スタディサプリ小学講座

運営会社 リクルート
対応学年 小学4年生〜高校生
対応教科 国語・算数・理科・社会
利用可能サービス 約600以上の動画見放題、学習計画機能、無料テキストダウンロード確認テスト、テスト対策機能、保護者向け学習管理画面、勉強後に遊べるゲーム機能
料金 月額980円(税込1058円)、年払い9800円(税込10584円)
こんな子におすすめ
  • 中学校の内容も先取りして学習したい
  • 出来るだけ費用を抑えたい
  • タブレットと紙のテキストの両方を使いたい

小6・男子保護者
小6・男子保護者
塾と違い、スタディサプリは自分のペースで進められるのがいいですね。

チャプターが15分くらいと、小学生が集中力を保つのには絶妙な時間配分だと感じます。

解説が丁寧なので1人でもちゃんと学べているようです。時間のある今のうちから中学の範囲を先取りしておけるのも魅力ですね。

>>もっとスタディサプリの口コミ・詳細を見る

スタディサプリは小学4年生から高校生の授業までが月額980円で見放題のタブレット学習です。

進学塾や教員として指導実績豊富なプロ講師の授業をいつでも好きなだけ見ることができるので、習い事などで忙しいお子さんでも続けられますね。

授業は専用のテキストに沿って行いますが、テキストも無料でダウンロードできるので塾に通うよりも年間で20万円以上安く受講できると評判です。

また学年に関係なく中学校の先取り学習や4年生・5年生の復習もできるので、「得意な国語は先取り、苦手な算数は復習」という使い方もできますよ。

>>スタディサプリの無料お試しはこちら

2位 すらら

運営会社 株式会社すららネット
対応学年 小学1年生〜高校生
対応教科 国語・算数・英語
利用可能サービス すららコーチによるカウンセリング、学習計画サポートとアドバイス、学力診断テスト
料金 小中コース月8,640円〜(税込)
こんな子におすすめ
  • プロの学習サポートを受けたい
  • 勉強が苦手で中学校が不安
  • ゲーム感覚で夢中になれる教材を探している

小6・女子保護者
小6・女子保護者
授業はイラストやアニメでとてもわかりやすく教えてくれます。

うちは勉強があまり得意ではない方だったので、基礎からしっかり教えてもらえるのはよかったですね。

それに塾に通うより圧倒的に安いのも決め手でした。

他の通信教育に比べればやや高いかもですが、コーチもメールでサポートしてくれたし、子供が取り組みやすいようにいろんな仕掛けがあるのも面白いですね。

>>もっとすららの口コミ・詳細を見る

すららは自宅のパソコンやタブレットを使って学習できる教材です。

一般的にはあまり知られていませんが、700以上の学校や塾などの教育機関で利用されている話題の通信教育なんですよ。

すららは小学1年生から高校生までの内容が自分のペースで学習できる無学年学習を採用しているため、

「6年生だけど九九が怪しい」

「割り算の基礎からもう一度やり直したい」

というお子さんでも安心です。

またプロ講師がオンラインやメールでサポートしてくれる「すららコーチ」というサービスも追加料金なしで利用可能。

お子さんのカウンセリングをした上で、学習スケジュールや進め方を詳しくアドバイスしてくれます。

通信教育でありながら個別塾並みのサポートが受けられるので、特に勉強に苦手意識を持っている子ほどぜひ利用してほしい教材です。

>>すららの資料請求・入会はこちら

3位 小学ポピー

運営会社 新学社
対応学年 幼児・小学生・中学生
対応教科 【小1・小2】国語・算数 【小3〜小6】国語・算数・理科・社会
利用可能サービス 学習進度を調整できるサービス、ポピー診断サービス、教育相談サービス
料金 月3,254円〜(学年や支払い方法によって異なる)
こんな子におすすめ
  • 教科書に準拠した教材やテストを使いたい
  • 家庭での学習習慣は付いている
  • 4教科をしっかりと学習したい

小6・女子保護者
小6・女子保護者
算数が苦手な娘は、中学から数学に名前が変わるだけでも不安がっていましたが、月刊小学ポピーの中学入学準備特集のようなカリキュラムで予習復習ができ、ずいぶん助けられたようです。

特に中学の授業の受け方のコツやノートの取り方の特集など、中学デビューに向けて予備レッスンができたのも良かったと思っています。

教材はカラーイラストが多く、視覚的にも学びやすい教材だと思いました。

毎月テストで学習内容の力だめしができるのも良いです。

>>もっとポピーの口コミ・詳細を見る

5年生までの学習はしっかり身についているから、6年生の勉強を確実にできるようにしたい場合はポピーがおすすめです。

使っている教科書に対応した教材や単元テストなどが毎月届くので、学校の予習・復習としてとても利用しやすいですね。

主要4教科に加えて英単語や、中学生に向けた準備ブックなども届くので、ポピー1つで6年生から中学準備までしっかりできます。

また配送料や印刷代がかかるテキスト教材としては、すべて含まれていて料金が抑えめなのも嬉しいですよね。

>>小学ポピーの資料請求・お試しはこちら