【2024年2月】おすすめタブレット学習

そろタッチの口コミ評判は?教室とアプリの違いは?月謝やデメリット・退会方法まで解説

当サイトのリンクには広告が含まれています。
お悩みママ

そろタッチというそろばんのタブレット学習が気になっているけど、うちの子にはどうかな?

実際の口コミ評判が知りたい!

まつもと

元小学校教員や塾講師として約7年の指導経験があるまつもとです。

そろタッチは、タブレットを使ってそろばん学習ができるオンライン教材ですね。

過去には日本e-learning大賞の最優秀賞を受賞したこともあり、世界14カ国で利用されている人気のそろばん学習です。

この記事では、そろタッチの気になる料金や注意点、口コミ評判まで詳しくご紹介します。

→小学生向けオンラインそろばん教材をもっと見る

もくじ

そろタッチの基本情報

運営会社株式会社Digika
対応年齢何歳からでも利用可能
※推奨年齢は5歳(年長)~8歳(小2)
レッスン形式・タブレットを使ったそろばん学習(ネット受講)
・週1回の教室受講(ネット受講+教室受講)
レッスン時間ネット受講:1回15〜30分
教室受講:週1回50分程度
料金(税込)ネット受講:月3,960円
教室受講:入会金+月11,000円
公式サイトそろタッチ公式サイト

そろタッチの良さ・メリット

1日15〜30分でゲーム感覚で計算力がつく

そろタッチの学習

そろタッチは、タブレットを使ってゲーム感覚で計算力を養うことができるように教材が作られています。

毎日15〜30分程度で学習できるので、無理なく計算スキルを楽しく学べるのが大きな魅力ですね。

特に習い事や塾などで忙しい子でも取り入れやすく、小学校低学年のお子さんでも集中して学ぶことができます。

20種類以上のゲームのような学習を通じて、基本的な四則演算はもちろん、レベルアップしていくと3桁の割り算などもできるようになります。

お子さんにとってはゲームクリアを目指してどんどん計算力がつけられるのが楽しくていいですね。

タブレットを使った両手暗算で効率よく学べる

そろタッチの学習モード

そろタッチの最大の特徴は、タブレットを活用して両手で暗算練習をすることです。

従来のそろばんは片手だけを使ってそろばんを弾く片手暗算が主流ですが、世界的には両手暗算がスタンダードになっています。

また片手での計算と比べると指をうごかしたりタップする回数が少ないため、より早く効率よく計算することができるのも大きなメリットですね。

さらにそろタッチの暗算練習では、動かす珠を見ながら計算する「みえるモード」と、珠を見ずに行う「あんざんモード」の2つのモードで練習することができます。

練習を繰り返すうちに自然とイメージだけで素早く暗算ができるようになるのは、そろタッチならではの良さですね。

日本でも海外でもタブレット1台で利用できる

そろタッチは学習できるタブレットとインターネット接続があれば、どこでも利用可能です。

日本だけでなく海外にいても利用できるので、

  • 夏休みの海外旅行中でも練習したい
  • 海外在住だが日本の高い計算力をつけたい、維持したい
  • 近くにそろタッチができる教室がない

というご家庭でも、学習習慣を途切れさせることなく使いやすいですね。

そろタッチのデメリット・注意点

一部のアンドロイドタブレット端末は使えない

そろタッチの学習アプリは、iPadとアンドロイドタブレット端末のどちらでも利用することができます。

ただし、特にアンドロイドタブレットは全ての端末での動作が保証されているわけではありません。

自宅のアンドロイドタブレットでそろタッチを使いたい場合は、必ず事前に公式サイトの動作確認端末で利用できるか確認しておきましょう。

そろタッチの学習ではタブレット上のボードを素早くタッチして学習するため、タッチ感度が高いiPadの使用が推奨されています。

もしこれからタブレットを購入する場合は、こだわりがなければiPadの購入を検討するのがおすすめです。

無料体験は月の初めの方がお得

そろタッチでは、利用開始日からその月いっぱいまで無料で体験することができます。

そのため月の初めに無料体験を開始すると、ほぼ1ヶ月間もの無料体験ができるので、たっぷり使った上でお子さんに合う教材かを確かめることができますね。

一方で月の下旬で体験スタートになると開始すると、無料体験期間が短くなってしまうのがデメリット。

急いで無料体験をする必要がなければ、翌月まで待ってから受講できるといいですね。

そろタッチの教室受講とネット受講の違いは?

そろタッチでは

  • 週1回の通塾と自宅でのオンライン学習がセットになった「教室生」
  • オンライン学習のみの「ネット生」

の2つの学習スタイルがあります。

そろタッチの教室生とネット生の違い
そろタッチ公式サイトより

そろタッチの教室受講とネット受講は、主に

  • 学習環境
  • サポート体制
  • 受講料金

が違います。

それぞれ違いを確認した上で、お子さんに合った学び方が選べるといいですね。

教室受講(教室生)

教室受講(教室生)がおすすめな子・ご家庭は

  • 近くに教室があり、週1回の通塾ができる
  • 対面の指導やこまめなフィードバックをしてもらいたい
  • 他の子がいる方が学習意欲が高まるタイプの子

ですね。

週に1回の教室受講では、他の生徒と一緒に競争したり応援し合ったりしながら、そろタッチでの学習ができるのが1番の魅力です。

また教室の先生から直接アドバイスや褒め言葉がもらえるのも、教室生ならでは。

教室生の料金にはネット生と同じそろタッチの自宅学習の代金も含まれていますが、ネット生と比較すると入会金やその他の費用がかかる場合があるのがデメリットですね。

ネット受講(ネット生)

ネット受講(ネット生)がおすすめな子・ご家庭は

  • 自宅で自分のペースで学習したい子
  • 習い事などであまり時間がない、塾送迎が難しい
  • ゲームやYouTube動画を見るのが好きな子
  • 自宅に学習に使えるタブレットがある、購入予定のご家庭

ですね。

ネット生は教室に通う必要がなく、自宅で自分のペースで好きな時間に学習を進めることができます。

ただし学習への強制力がないので、学習の習慣化やモチベーションの維持は各ご家庭で工夫していく必要があるのがデメリットですね。

そろタッチの学習継続の工夫

そろタッチではネット生でも楽しく学習習慣がつけられるように、学習ランキングやメダル集めなどの楽しいイベントやおまけも用意されています。

ゲームが好きな子や集めるのが好きな子には特に楽しく続けられていいですね。

また月額3,960円(税込)のみで受講できるのも、ネット生ならではの良さです。

そろタッチの月謝・料金は?

コース名月額料金(税込)
ネット生月3,960円
入会金:なし
初期費用:なし
教室生月11,000円
入会金:約12,000円(教室によって異なる)
初期費用:月約1,000円(教室によって異なる)

そろタッチの料金は、ネット生と教室生で月額料金が異なります。

ネット生の方が月額料金が安く、余計な費用もかからないので継続しやすいのがメリットですね。

また他のオンラインそろばん教材も料金を比較してみました。

そろタッチ(ネット生)月額3,960円
よみかきそろばんくらぶ入会金:11,000円(初回のみ)
月会費:月5,500円〜(事務費含む、教材費、検定料別途)
いしど式オンライン本部教室入会金:なし
月会費:月8,800円〜(指導料、事務費含む)

他の教材と比較しても、そろタッチはグッと料金を抑えて利用できるのがわかりますね。

学習内容やサポート体制の違いもあるので料金だけで比較できませんが、続けやすい価格なのは嬉しいポイントです。

そろタッチを解約・退会・休会するには?

そろタッチの休会方法

そろタッチを休会するには、会員専用のマイページからオンラインで手続きをすることができます。

  1. マイページにログイン
  2. 画面右上の名前をクリックしてアカウント設定へ
  3. 会員情報変更から「休止」に変更する

休会期間は特に制限はなく、休会中は費用も発生しません。手続きをすると休会した翌月から利用ができなくなります。

そろタッチの退会・解約方法

そろタッチの退会・解約も、会員専用のマイページから行うことができます。

  1. マイページにログイン
  2. 画面右上の名前をクリックしてアカウント設定へ
  3. 会員情報変更から「そろタッチ会員の解約を予約」を選択して完了

解約申請後は翌月から利用できなくなります。また解約後は学習履歴が全て削除されて復帰もできないので注意が必要です。

そろタッチの口コミ評判は?

まずはそろタッチを無料で試してみよう

そろタッチ

そろタッチについて、口コミ評判や料金などをご紹介しました。

タブレット1台でそろばん学習ができて、効率よく暗算力や計算力アップができるのがそろタッチの良さですね。

しかし一番大切なのは、お子さんにあった教材かどうか、楽しく続けられるかどうかです。

そろタッチは、登録した月は無料でお試し体験をすることができます。

まつもと

気になった今のタイミングで、まずはそろタッチ公式サイトをチェックしておきましょう!

→小学生向けオンラインそろばん教材をもっと見る

もくじ