ポピー

月刊ポピーは発達障害の子にどう?利用者の口コミとメリット・デメリット

月刊ポピーって有名だけど、発達障害を持つうちの子にはどうなんだろう?

月刊ポピーは、教科書に合わせた構成の教材がわかりやすいと人気の通信教育ですね。

40年以上の歴史があるのも信頼ができると長年評判の高い教材です。

はなこ
はなこ
先に結論を言ってしまうと、ポピーは発達障害のお子さんによっては効果的に利用できる教材です。

ただし発達障害のお子さん向けに作られている教材ではないため、合わない子や逆に勉強に抵抗を持ってしまう子もいます。

特に、書くことが苦手な子や机に向かって勉強をすることに抵抗がある子は避けたほうがいいでしょう。

また、学校の授業についていけない子にも合わない可能性があります。

とはいえ、ポピーで効果的に学習できている子がいるのも事実です。

そこでこの記事では、月刊ポピーを使っている発達障害のお子さんの声や、月刊ポピーのメリットやデメリットをご紹介します。

はなこ
はなこ
発達障害のお子さんにおすすめしたい教材についてはこちらの記事で紹介していますので、合わせてチェックしてみてくださいね。
【2019年度】発達障害の子におすすめのタブレット学習ベスト3!正しい教材の選び方は? 「どうしてうちの子はこんなにできないのだろう」 「もっとわが子に合った勉強法はないだろうか」 と日々たくさん...

月刊ポピーとは?

運営会社 新学社
対応学年 幼児・小学生・中学生
対応教科 【小1・小2】国語・算数 【小3〜小6】国語・算数・理科・社会
利用可能サービス 学習進度を調整できるサービス、ポピー診断サービス、教育相談サービス
料金 月2,700円〜(学年や支払い方法によって異なる)

>>月刊ポピーの口コミ・詳細をチェックする

発達障害の子の月刊ポピーの口コミは?

月刊ポピー公式ページをチェックする

月刊ポピーを発達障害の子が使うメリット

教科書に完全対応で見やすい

ポピーの一番の良さは、お子さんが使っている教科書に完全対応していて使いやすいということです。

教科書準拠の教材は進研ゼミやスマイルゼミなどたくさんありますが、数種類の教科書に対応するため単元名が違ったり教科書の対応ページが書かれていないことがあります。

ポピーの教材は、お子さんの教科書と同じ単元名・該当ページの表記があるため、すぐに今日学校で習った内容部分を見つけて復習することができるのは便利ですよね。

お子さん自身が見つけて学習ができるのはもちろん、もし見つけられなくてもページがわかれば親もすぐにわかって「ここを今日はやるんだよ」と示してあげられます。

丸つけの手引きや保護者向け情報誌が充実している

ポピーは紙のテキスト教材なので、採点も子供自身か親がやってあげる必要があります。

少し手間はかかりますが、その分解答の手引き書には丁寧に細かく採点のポイントや褒め方まで掲載。

また「ポピーf」という保護者向け情報誌が毎月届くのですが、勉強だけでなく日頃の子育てに役立つコラムなども豊富です。

発達障害のお子さん向けの情報ではないものの「こんなやり方もあるんだ!」という新しい発見ができるかもしれませんね。

余計な付録がなくシンプルで料金が安い

ポピーには付録がなく、テキストだけで学習ができるのがとてもシンプルです。

紙面もキャラクターや色はありますが、最低限で問題もはっきりと大きく書かれているのがいいですね。

また教科書に合わせた書体や文字の大きさで構成されているので、学校で使っているドリルなどと違うことを嫌がるお子さんにでも使いやすいです。

月額2,700円〜(税込、学年によって異なる)という続けやすい価格も、気軽に学習できるメリットですね。

月刊ポピー公式ページをチェックする

月刊ポピーを発達障害の子が使うデメリット

シンプルで教科書に対応したポピーのメリットがある一方で、発達障害のお子さんによってはデメリットと感じられる部分もあります。

お子さんに合った教材選びのためにも、こちらも合わせてチェックしておきましょう。

書くことが苦手な子には向かない

ポピーは紙のテキストに書き込む形式で学習を進めていきます。

そのため、書くことに抵抗を持つ子にとっては苦しい可能性がありますね。

「勉強すること=書かなければいけない=嫌い」となってしまうのは、お子さん本人も苦しいですし、より勉強に対する苦手意識を持ってしまいます。

インターネットやITが発達した今、勉強はテキストだけではなくタブレット学習という選択肢もあります。

はなこ
はなこ
書くことが苦手な子は、タブレットで楽しく学習することを優先させて、学習に興味や意欲が出てきたところで紙の教材を利用するのという方法もおすすめですよ。
【2019年度】発達障害の子におすすめのタブレット学習ベスト3!正しい教材の選び方は? 「どうしてうちの子はこんなにできないのだろう」 「もっとわが子に合った勉強法はないだろうか」 と日々たくさん...

学年を超えた復習や先取り学習ができない

教科書にしっかり対応しているポピーですが、

「今の学年の内容がそもそも理解ができていない」
「教科によっては学校でやっている内容が簡単すぎる」

というお子さんには教材が合わない可能性があります。

教科書にあっているのはメリットでもありますが、逆に言えば教科書の範囲外の学習はできないということ。

特に今の学年の内容についていけていない子の場合は、遠回りのように見えても一つ前の学年の内容に戻って土台を固めて学習を積み上げる方が確実に学力が伸びます。

中学・高校・大学と学習が続いていくことを考えると、小学校のうちに土台となる基礎をしっかりと固めておくことが大切ですね。

はなこ
はなこ

無学年学習方式という教材であれば、今の学年に関係なくお子さんの力に合わせた難易度から基礎を固めていくことができます。

勉強が苦手なお子さんの場合は、こちらも合わせてチェックしてみてくださいね。

【2019年度最新】無学年方式のタブレット学習は?学年を超えて先取り・復習ができる【厳選2つ】 今まで勉強といえば、学年にあった教材と進度で進めていくのが一般的でした。 しかしタブレットの普及やお子さんの学力・...

発達障害の子向けの教材ではない

子育て情報や丁寧な解説が用意されているポピーですが、そもそも発達障害のお子さん向けに作られている教材ではないため、お子さんによっては気になる部分やイライラする部分が出てくるようです。

またポピーは「学校の勉強にある程度はついていけている」「授業にはしっかり参加できている」という子を前提として学校の復習用として教材が構成されています。

そのため、

「ADHDでなかなか授業に集中できていない」
「授業中の音や友達の動きが気になって肝心の内容が聞けていない」

というお子さんには合わない可能性もありますね。

発達障害のお子さんに合った学習方法を選ぶことが大切

発達障害のお子さんが月刊ポピーを使うメリットやデメリットなどをご紹介しました。

月刊ポピーは、シンプルで続けやすい価格と教科書に対応した良教材ですが、発達障害のお子さんの利用を前提として作られていないので合わない子もいます。

一番大切なのは、あなたのお子さんに合った教材で楽しく毎日学習ができるものを選ぶこと。

発達障害のお子さんに向けに作られた教材とも比較をしながら、お子さんが一番楽しく学習できる方法を見つけられるといいですよね。

こちらの記事では、発達障害のお子さん向けのタブレット学習について紹介しています。

【2019年度】発達障害の子におすすめのタブレット学習ベスト3!正しい教材の選び方は? 「どうしてうちの子はこんなにできないのだろう」 「もっとわが子に合った勉強法はないだろうか」 と日々たくさん...