発達障害がある

【発達障害】四谷学院 療育55段階プログラムの評判・口コミは?料金やメリット・デメリット

発達障害の子向けの通信教育を探していたら四谷学院の「療育55段階プログラム」を見つけたんだけど、実際はどうなんだろう?
はなこ
はなこ
四谷学院の「療育55段階プログラム」は、自宅で親子で療育ができる通信教育です。

人と会ったり新しい環境が苦手だったりする子は、自宅で安心して学習ができますね。

発達障害児教育で有名な学校が監修しているプログラムですが、お子さんや家庭環境によって、相性のある教材です。

はなこ
はなこ
先に結論を言ってしまうと、以下に当てはまるご家庭は「四谷学院の療育55段階プログラム」を行うには少し難しいかもしれません。
  • 共働きなどで親が見る時間が取れない
  • お子さんの特性に合わせて勉強面を伸ばしていきたい
  • お子さん1人で自立して学べるようにしたい

とはいえ受講を検討している今、実際に使ってみた感じや詳しい教材内容はチェックして、お子さんに合っているものなのかは確認しておきたいですよね。

そこでこの記事では、四谷学院の「療育55段階プログラム」の評判や口コミ、メリットデメリットなどを詳しくご紹介します。

【2019年度】発達障害の子におすすめのタブレット学習ベスト3!正しい教材の選び方は? 「どうしてうちの子はこんなにできないのだろう」 「もっとわが子に合った勉強法はないだろうか」 と日々たくさん...

四谷学院「療育55段階プログラム」の基本情報

運営会社 四谷学院
対応年齢 2歳〜小学4年生(目安)
料金 月額10,700円〜(分割払いの場合。受講するコースによって異なる)

四谷学院「療育55段階プログラム」の評判・口コミ

うちは診断名はついておらず、いわゆるグレーゾーンです。

パンフレットと一緒に入っていた見本教材を子供に見せたら反応が良かったので受講しています。

親子で進めていくので順調にはいかないことも多いのですが、目の前で子供の成長を実感できるのはうれしいですね。

他の通信教育に比べたら決して安い金額ではないので迷いましたが、やってみて良かったです。

簡単なレベルのものを選んでしまったからか、4ヶ月で終えられるコースを2ヶ月位で終えてしまいました。

高かったのになぁ〜という残念な気持ちはありますが、子供は「もっとやる!」と前向きに取り組んでくれたのが良かったです。

よくできていて、自分に自信をつけてくれる教材だと思います。

ただ料金が高いので、次の段階に申し込むかどうかは考え中です。

発達障害を持つ小学生の通信教育|メリット・デメリット・おすすめ教材は? お子さんによっては学校や塾に通うのも嫌がる子もいるでしょうし、何よりも支えているお母さんも誰にも相談できないストレスや悩...

四谷学院「療育55段階プログラム」のメリット

お子さんに合わせた段階別プログラムを選ぶことができる

四谷学院のプログラムは7段階用意されていて、お子さんの発達段階にあわせた教材を利用することができます。

対応年齢の目安 学習にかかる期間
A段階 2〜3歳 各段階10ヶ月
B段階 4〜5歳 各段階10ヶ月
C段階 5〜6歳 各段階10ヶ月
D段階 小学1年生 各パート4ヶ月×3
E段階 小学2年生 各パート4ヶ月×3
F段階 小学3年生 各パート4ヶ月×3
G段階 小学4年生 各パート4ヶ月×3

小学生向けのD〜Gはさらにそれぞれ3つのパートに分かれているので、1段階修了するのにちょうど1年となりますね。

はなこ
はなこ
対応年齢はあくまで目安なので、お子さんの発達の様子に応じて好きな段階から選んで始めることができます。

自閉症教育の実績のある「武蔵野東学園」の電話サポートがついている

四谷学院療育55段階プログラムは、自閉症のお子さんへの教育で実績のある武蔵野東学園の全面監修で教材やプログラムが作られています。

一般的な学習教材と比べてスモールステップで教材が作られているので、無理なく継続して学習ができますね。

また現役の武蔵野東学園の先生に直接電話相談ができるサービスも含まれているのも特長ですね。

受講期間中の1回30分だけですが、頼れる先生に相談できるという安心感は嬉しいですね。

電話サポート以外にも、以下のようなサポートもついています。

  • 毎月お子さんの様子を通信指導でアドバイスしてもらえる
  • メールで課題についての質問が何度でもできる

メールや書面でのやり取りになるので少しタイムラグはありますが、いつでも相談できるのは良いですね。

1日30分程度で親子で一緒に学べる

四谷学院療育55段階プログラムは、家庭で療育をする通信教育のため、親も一緒に療育や発達障害について学びながらお子さんと向き合うことができます。

学習の流れは以下の4ステップです。

  1. 日程表に合わせて、今日の課題の「指導書」を読んで確認する
  2. 1回15分程度の課題を1日2〜3回行う
  3. 1ヶ月分の課題が終了したら「コミュニケーションシート」を提出する
  4. コミュニケーションシートに合わせた「アドバイスシート」「復習プリント」が郵送で届くので取り組む

教材は週5回程度の量になっているので、お子さんやご家庭のスケジュールに合わせて進めることができますね。

また毎月フィードバックとして復習プリントやアドバイスがもらえるので、お子さんに合わせた力をしっかりつけてあげられます。

四谷学院「療育55段階プログラム」のデメリット

自宅で発達障害の療育ができる「四谷学院療育55段階プログラム」ですが、デメリットも確認しておきましょう。

家庭でのすべての指導を親がする必要がある

自宅で学習を進めていくので、すべて親が課題や教材内容を把握してお子さんに接していく必要があります。

わかりやすく説明されている「解説書」もついていますが、下のお子さんがいたり共働きで忙しかったりするお母さんにとっては、55段階プログラムが負担になる可能性もあります。

コミュニケーションのやり取りに時間がかかる

毎月のコミュニケーションシートや質問制度が用意されていますが、すべてメールか郵送での回答になるためやり取りに少し時間がかかってしまいます。

親としては「今目の前で起きていることについて解決したい!」と思った時にすぐに回答がもらえないのは少し不安に感じるかもしれませんね。

はなこ
はなこ
電話サポートもありますが、こちらも1回30分間だけなので少し物足りなさはあるかもしれません。

教材の管理や処分などの手間がかかる

55段階プログラムは一般的な通信教育のように毎月教材が送られてくるわけではありません。

受講申し込みをすると4ヶ月〜6ヶ月分の教材が一度に送られてくるため、いつ使うものなのかを確認しながら教材の管理をする必要があります。

プリント教材や指導に使うカード、教具などが豊富なのはありがたいですが、使う時なって「あれがない、これがない」となってしまうとお子さんの学習にも支障が出てしまうかもしれませんので注意が必要です。

はなこ
はなこ
共働きで時間がないご家庭や教材管理が面倒という方は、発達障害のお子さん向けに作られた「タブレット学習のすらら」も合わせてチェックしてみてくださいね。
【タブレット学習の通信教育すらら】評判・口コミは?気になる料金や特徴を徹底解説 とはいえ、あまり一般的には知られていないとどんな教材なのか不安ですよね。 そこでこの記事では、すららの特長や口コミ...

四谷学院「療育55段階プログラム」の料金は?

1段階あたりの料金 月額料金(分割払い)
A・B・C段階 185,000円(12ヶ月) 16,600円〜
D・E・F・G段階 62,000円(6ヶ月) 10,700円〜

※すべて税込料金です。

教材をまとめて購入することになりますが、分割払いも可能です。

A・B・C段階は12ヶ月間、D・E・F・G段階は6ヶ月間の個別サポートもついています。

自動継続ではないので、1つの段階をクリアしたらそこで終了することもできますね。

入会金等はかかりません。

うちの子は四谷学院「療育55段階プログラム」を利用した方がいいの?

四谷学院の「療育55段階プログラム」について詳しくご紹介してきましたが、一番気になるのは「うちの子に療育55段階プログラムが合っているかどうか」ということではないでしょうか?

はなこ
はなこ
そこで療育55段階プログラムをおすすめしたい子とおすすめしない子をまとめてみましたので、参考にしてみてくださいね。

「四谷学院療育55段階プログラム」をおすすめしたい子

  • 親子で一緒に家で療育をしたい
  • 1日1時間程度は親が準備・指導できる時間がある
  • 学習面だけでなくソーシャルスキルも身につけさせたい

親子で一緒に学習を進めていくのが基本となるプログラムですので、親が指導書を読み込んで理解する時間も考慮して1日1時間程度の時間が取れる方は、利用してみてもいいかもしれませんね。

また幼児のうちから生活面などのソーシャルスキルも身につけておきたいと考えるのであれば、療育施設に通うよりも安く学習できるのでおすすめです。

>>四谷学院「療育55段階プログラム」公式ページはこちら

「四谷学院療育55段階プログラム」をおすすめしない子

  • 共働きなどで親が見る時間が取れない
  • お子さんの特性に合わせて勉強面を伸ばしていきたい
  • お子さん1人で自立して学べるようにしたい

デメリットでもお伝えしたように、親がしっかりと関わってあげる必要のある教材のため、共働きなどで忙しいお母さんにとっては55段階プログラムは負担になるかもしれません。

発達障害のお子さんを育てるには、お子さんのペースに合わせて見守ってあげる親の心の余裕も大切です。

はなこ
はなこ

特に小学生で学習面の力をしっかり伸ばしてあげたいと考えているのであれば、発達障害の子でも1人で勉強ができるタブレット学習という選択肢もありますよ。

四谷学院「療育55段階プログラム」と合わせて検討するなら「すらら」もおすすめ

四谷学院の療育55段階プログラムを考えていたけど、仕事しながらだとちょっと大変そう…。
勉強面が心配だから、うちの子に合わせて学習できる教材の方がいいかも。
はなこ
はなこ
発達障害の子に合わせて開発された「すらら」というタブレット学習も合わせて検討してみるのもおすすめですよ。

「すらら」は、小学1年生から高校3年生までの授業を学年に関係なく学習することができるタブレット学習です。

発達障害の専門機関である「子どもの発達科学研究所」が監修している教材で、全国3万人以上のお子さんが利用しています。

  • できるところから始められる「無学年学習」
  • お子さんの性格や環境に合わせて学習計画を立ててくれる
  • マンツーマンで学習サポートしてくれる「すららコーチ」

と、オンラインの通信教育でありながら手厚いサポートが受けられるのがいいですよね。

月額料金も8000円程度で国語・算数・英語が学べますので、四谷学院の療育55段階プログラムの受講を迷っている方はまずはすららを試してみるのもおすすめですよ。

はなこ
はなこ
無料で資料請求やお試しができるので、気になったらまずは取り寄せてみてくださいね!

すらら公式ページをチェックする

>>すららの口コミ・評判はこちら