発達障害がある

【2023年】発達障害の子向けおすすめ家庭教師は?サポートや料金など徹底比較

発達障害があるわが子、このままだと勉強が心配。

しっかりサポートしてもらいたいけど、発達障害の子に対応した家庭教師ってあるのかな?

まつもと
まつもと

元教員・塾講師として、発達障害のお子さんの担任経験があるまつもとです。

発達障害のあるお子さんの中には、学校の授業に集中できずに勉強が苦手になったり、人よりも理解するのに時間がかかったりする子もいますよね。

お子さんの個性と特性を尊重しながら学力もしっかりつけるためには、お子さんがマイペースで学習できる環境とサポート体制を作ることが必要です。

一人一人に合わせた学習指導といえば、やはり思い浮かぶのが家庭教師ではないでしょうか。

家庭教師は全国にたくさんありますが、発達障害をもつお子さんへの理解があって適切なサポートができる家庭教師は残念ながら多くはありません。

そこでこの記事では、発達障害の子向けのおすすめ家庭教師を厳選してご紹介します。

\発達障害向けおすすめ家庭教師/


家庭教師のノーバス
月20,304円〜(90分月4回の場合)

  • 発達障害向けの特別コースがある
  • 知識のある学習プランナーと講師が連携
  • 料金体系が明瞭でわかりやすい
  • 利用エリアは限られる

学研の家庭教師
1時間あたり3,190円〜(コースによって異なる)

  • 不登校や発達障害に対応したコースがある
  • サポート校との提携あり
  • オンライン授業にも対応
  • 入会金あり(24,200円)

家庭教師ファースト
月22,000円〜(60分月4回の場合)

  • 全国対応可能、オンライン指導OK
  • 入会金なしで料金が明瞭
  • 実際の担当講師で体験授業ができる
  • 発達障害コースは通常コースよりやや割高

オンライン学習のすらら
月8,228円〜(コースや支払い方法によって異なる)

  • 低学年は発達障害の専門家が監修
  • プロ講師「すららコーチ」が親子をサポート
  • ゲーム感覚で子どもだけでも学習ができる
  • 家庭教師や塾よりも料金が割安
  • 対面指導は受けられない

※料金はすべて税込

→発達障害の子向けタブレット学習もチェックする

発達障害の子にはどんな家庭教師を選べばいい?

おすすめの家庭教師を見る前に、まずはどんな家庭教師を選べばいいのか、4つのポイントを確認しておきましょう。

対応エリアに住んでいる地域が含まれているか

家庭教師を選ぶときの基本ですが、自宅のある地域が派遣エリアに含まれている会社かどうかは必ず確認しておきたいポイントです。

首都圏や関西圏などの都市部では家庭教師も豊富にありますが、地方だとそもそも近くに家庭教師がないこともありますよね。

もし自宅近くに希望の家庭教師がない場合は、インターネットを使った

を利用することもできます。

発達障害の知識や指導実績があるか

発達障害に関する理解や知識は教育に関わる大人は全員が持つべきですが、学校の先生でも知識が不十分な人も多いのが実情です。

多くの家庭教師は障害のないお子さんに向けたサービスであることが多いため、テレビCMや知名度だけで選ぶと指導が逆効果になってしまうことも考えられます。

しかし中には

  • 発達障害に関する資格を持っている先生・スタッフがいる
  • 発達障害のお子さん向けの学習コースがある
  • 発達障害の専門家監修の教材がある

といったサポート体制が整っている会社もあります。

住んでいる地域にもし専門知識やサポート体制がある家庭教師があれば、まず優先して検討しましょう。

子どもと相性のいい先生がいるか

お子さんの学力や成績が上がるかどうかは、相性のいい先生と出会えるかが一番重要なポイントといっても過言ではないでしょう。

どんなにサポート体制がしっかりしている会社でも、来てくれる先生とお子さんの相性が合わなければ効果は半減してしまいます。

こればかりはインターネットの口コミをどれだけ見ても、実際に先生とお子さんが会ってみないとわかりませんよね。

気になる家庭教師があれば、まずは無料の体験授業を受けてみて、お子さんの様子や先生の雰囲気、指導の仕方を確認するのがおすすめです。

続けやすく明瞭な料金体系か

家庭教師を利用する目的にもよりますが、発達障害のお子さんの学習指導はお子さんのペースに合わせつつゆっくり進めていくことが多いでしょう。

そのため、継続的に指導してもらいやすい料金かどうかを確認することも大切です。

また一部の家庭教師サービスでは、料金体系がはっきり明示されておらず、

「入会後に高額な教材費が必要だった」
「講師変更手数料を取られた」

などのトラブルになることもあります。

一般的な家庭教師の相場は中学生であれば月額20,000円〜45,000円程度ですが、その他の費用はそれぞれの家庭教師によって違うため、

  • 公式サイトに料金が掲載されている会社を選ぶ
  • 体験授業や資料請求時に必ず料金の確認をする
  • 最低でも2社を比較して相場を知る

などの対策をしておくと安心です。

発達障害の子向けおすすめ家庭教師4選

家庭教師を選ぶポイントを踏まえた上で、おすすめの家庭教師をご紹介します。

体験授業や資料請求などは各会社の公式サイトから簡単に申込ができるので、気になるものがあればまずはチェックしてみてくださいね。

家庭教師のノーバス

運営会社 株式会社ワン・ツー・ワン
対応学年 小学1年生〜高校生
対応教科 全教科
派遣エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉・栃木・愛知・三重・岐阜
料金 月額20,304円〜(税込・90分月4回の場合)
デメリット

  • 派遣エリアが限られている
メリット

  • 発達障害向けの特別コースがある
  • 知識のある学習プランナーと先生の連携がしっかりしている
  • 料金体系が明瞭でわかりやすい

家庭教師のノーバスでは、「こころの未来」という発達障害をもつ子向けの特別コースが用意されています。

注意欠如・多動症(ADHD)・(学習障害)LD・自閉症スペクトラム(ASD)それぞれについての特性を把握しながらも、一人一人の個性に向き合って指導をしてくれるのが特長です。

また中学受験コースもしっかりとしたサポートがあるので、受験を考えているご家庭にもおすすめですね。

派遣エリアが限られているのがデメリットですが、ノーバスは国内外どこでも受講できる「ネッティー」というオンライン家庭教師も運営しています。

ネッティーでも「心のケアコース」「不登校コース」が用意されていますので、近くにノーバスがない場合や、自宅に先生が来るのに抵抗がある場合にはおすすめです。

ノーバス公式サイトをチェックする

学研の家庭教師

運営会社 株式会社学研エル・スタッフィング
対応学年 幼児〜高校生
対応教科 全教科
対応エリア 対面は18都道府県
料金 1時間あたり3,190円〜(税込、コースによって異なる)
デメリット

  • 対面指導は都市圏のみ
メリット

  • 不登校や発達障害に対応したコースがある
  • サポート校との提携がある
  • オンライン授業にも対応

学研の家庭教師は、大手学研グループが運営する家庭教師サービスです。

幼児から高校生までさまざまな指導コースが用意されていますが、特に

  • 不登校コース
  • パートナーコース(発達障害など)

といったお子さんの特性や状況に寄り添ったサポートが充実しています。

発達障害コースというのはないものの、問い合わせてみたところ「パートナーコース」というお子さんの特性に合わせて特に丁寧に指導してもらえるコースがあるそうです。

また不登校や発達障害のサポート校「WILL学園」とも提携しているので、サポート校の指導実績やノウハウを活かした指導を受けられるのも学研の家庭教師ならではですね。

他社と比べると対応エリアが狭いのがデメリットですが、オンライン指導であれば全国どこでも対応可能です。

学研の家庭教師 公式サイトをチェックする
→学研の家庭教師の口コミ評判をみる

家庭教師ファースト

運営会社 株式会社エムズグラント
対応学年 幼児〜高校生
対応教科 全教科
対応エリア 全国、オンライン指導あり
料金 月額22,000円〜(税込、60分月4回の場合)
デメリット

  • 発達障害コースは通常コースよりやや割高
  • クレジットカード払いができない
メリット

  • 全国対応可能、オンライン指導もできる
  • 入会金なしで料金が明瞭
  • 実際の担当講師で体験授業ができる

家庭教師ファーストは、20年以上の実績がある老舗の家庭教師サービスです。

専任スタッフによる個別ヒアリングや学習計画作成などが手厚く、発達障害に特化したコースが用意されているのも特徴です。

また料金体系もわかりやすく、

  • 月謝
  • 交通費(実費)
  • 管理費用(税込8,800円)

のみで入会金などがかからないのも嬉しいですね。

オンライン指導の場合には交通費もかからず、講師が少ない地域でも利用しやすいのもメリット。

発達障害コースは通常のコースよりはやや料金が上がるのがデメリットですが、お子さんの特性に合わせた指導をしてもらえることを考慮しても高額ではないので安心です。

家庭教師ファースト公式サイトをチェックする

オンライン学習のすらら

運営会社 株式会社すららネット
対応学年 小学1年生〜高校生
対応教科 国語・算数・英語・理科・社会
利用可能サービス すららコーチによるカウンセリング、学習計画サポートとアドバイス、学力診断テスト
料金 ・入会金7,700円〜11,000円
・月8,228円〜(税込)
デメリット

  • 対面での指導は受けられない
メリット

  • 発達障害の専門家が監修している
  • プロ講師の「すららコーチ」が親子をサポート
  • ゲーム感覚で子どもだけでも学習ができる
  • 家庭教師や塾よりも料金が割安

すららは家庭教師ではないのですが、発達障害をもつお子さんへのサポート体制が充実しているのでご紹介します。

すららは自宅のパソコンやタブレットで学習できるe-ラーニング教材です。

すららの算数の学習画面

一見ゲーム画面のようですが、発達障害の専門家による監修のもと、学年に関係なくできるところから学習する無学年学習という方式をとっています。

実際に発達障害をもつお子さんの成績アップ事例が多く、先に紹介した2社と比べても実例数は1番多いのではないでしょうか。

家庭教師ではないので対面での先生の指導は受けられませんが、一人一人に「すららコーチ」と呼ばれる現役プロ講師が担任としてサポートしてくれます。

  • スカイプやメールなどでのカウンセリング
  • お子さんに合った学習のスケジュールを立てる
  • 定期的なアドバイス、良いところを褒めてくれる
  • 保護者の悩みや疑問についてのサポート

など、かなりサポート体制が充実しています。

料金も家庭教師より安く利用しやすいのもいいですね。

まつもと
まつもと
家庭教師だけにこだわってはいないのであれば、すららはぜひ一度試してほしい教材です。

すらら公式サイトをチェックする
→すららの口コミ評判をみる

まずは発達障害向け家庭教師を体験してみよう

発達障害のお子さんに向けた家庭教師についてご紹介してきました。

最初に選び方のポイントを4つお伝えしましたが、一番大切なのはお子さんと先生や教材が合っているかどうかが一番大切です。

まつもと
まつもと
お子さんもお母さんも笑顔で過ごせるように、ぜひ2〜3社を実際に授業を体験してじっくり比較してみてくださいね。
【2023年】発達障害の子向けおすすめタブレット学習5選!教材を比較しました発達障害のお子さんにおすすめのタブレット学習・通信教育を紹介。選び方や口コミ評判も比較して掲載。お子さんに合った学習ができる教材を選んで、良さや自信を引き出してあげるきっかけにしてくださいね。...