通信教育の比較

スマイルゼミとチャレンジタッチを徹底比較!似てるけど何が違うの?

タブレット学習ができる通信教育を始めたいけど、スマイルゼミかチャレンジタッチで悩む・・。似てるけど何が違うんだろう?
まつもと
まつもと

元小学校教員・塾講師として7年の指導経験があるまつもとです。

スマイルゼミチャレンジタッチは、どちらも通信教育の老舗&大手会社が販売しているタブレット学習タイプの通信教育ですね。

小学生のタブレット学習の知名度としては2トップとも言える2つですが、中身をよく知らないと一見似たような教材に見えるかもしれません。

でも実はできることや料金が大きく違うので、あなたのお子さんにはどちらがしっかりあっているのかを確認した上で教材を決めることが大切です。

そこでこの記事では、スマイルゼミとチャレンジタッチは何が違うのかしっかり5つのポイントで詳しく比較していきます。

2社とも教科書にあった教材で月額料金も大きくは変わりませんが、それぞれ次のような特長があります。

  • タブレット学習をすることを決めていて、シンプルな教材で学習習慣をつけたいならスマイルゼミ
  • タブレット学習か紙教材で迷っている、キャラクターや付録がある方が楽しく学習できるならチャレンジタッチ

どちらの教材も無料でお試し教材や資料請求ができるので、まずは取り寄せて比較をしてみましょう。

ただどうしても決めきれなければ、チャレンジタッチの方が始めやすく合わなかった場合の切り替えがしやすいです。

  • 入会時にタブレットを購入する必要がない(スマイルゼミは初回に9,800円必要)
  • タブレット代金は半年以上の継続で無料(スマイルゼミは1年以上)
  • いつでも無料で紙教材に変更できる(スマイルゼミは紙教材なし)

と、チャレンジタッチの方が料金や教材のハードルが低いのがいいですね。

まつもと
まつもと
「もっと早くから始めておけばよかった..」となるのが一番お子さんにとってもったいないので、まずは資料だけでも取り寄せておきましょう!

チャレンジタッチ公式ページをチェックする
スマイルゼミ公式ページをチェックする

スマイルゼミとチャレンジタッチを5項目で比較

1、使用できるタブレットの種類は?

まずは学習に使うタブレット端末について比較してみます。

スマイルゼミもチャレンジタッチもそれぞれの専用タブレットと専用タッチペンを使います。

自宅にあるパソコンやタブレット端末では2つとも使用できません。

学習専用になっているので、子供が勝手にインターネットに繋いでWebサイトを見るのを防ぐことができます。

セキュリティーの面から言えば安心のシステムですね。

またどちらも専用ペンもついているので、タブレットを使っての文字入力もスラスラできます。

小学生のうちは特に書きながらの学習というのは大切なのでうれしい機能ですね。

専用タブレットの代金ですが、スマイルゼミは入会時に9,980円がかかります。

また12ヶ月以上の継続を前提にしているので、12ヶ月以内に退会した場合は最大で29,820円の追加代金がかかります。

一方チャレンジタッチは専用タブレット代金は入会時は0円です。6ヶ月未満で退会の場合は14,800円の追加代金がかかります。

タブレット代金だけ見ると、スマイルゼミはちょっと負担がかかるかな・・とも感じますね。

この後紹介する教材内容や教材の月額料金なども合わせて考えましょう。

2、オフラインでも利用できる?

タブレット学習教材はインターネットに繋いだ状態で利用するのが基本ですが、もしオフラインでも使える機能があれば移動中などはうれしいですよね。

スマイルゼミには「おでかけモード」というオフラインでも使える機能があります。

事前に学習したい教材を端末にダウンロードしておけば、インターネットに繋いでいない状態でも利用できるのは便利ですね。

チャレンジタッチはオフライン機能はなく、常にインターネットに繋がった状態でないと学習ができません。

3、教材の内容は?

学習を進めていく上で一番大切なのが教材の内容ですよね。

スマイルゼミもチャレンジタッチも、

  • 1〜2年生は「国語・算数・英語・プログラミング」
  • 3〜6年生は「国語・算数・理科・社会・英語・プログラミング」

になります。

どちらも教科書準拠で作れているので、学校の教科書の進度に合わせた予習・復習ができます。

またチャレンジタッチはタブレットで学習できる教材に加えて、楽しく学習に取り組める特別アプリや付録がついてくる月もありますね。

4、タブレット以外の教材の充実度は?

スマイルゼミは基本的にタブレットのみで完結できる教材の作りになっています。

なので教材の管理をする必要がないのは親としては楽ですね。

漢字の練習や算数の計算などもタブレットの画面ですらすらできるので、ノートなどを別で用意する必要もありません。

チャレンジタッチは先ほども紹介したアプリや付録の他に、赤ペン先生による添削問題があります。

紙で回答して添削されたものがタブレット端末にデータとして送られてくるので、紙にしっかりと書きつつ管理はタブレットで簡単にできますね。

また学校の単元テスト対策のテストも紙の問題集で行うので、学校のテストの予行練習のように取り組めます。

テキストの教材である「チャレンジ」と共通している内容もあるため、チャレンジタッチの方が紙で学習する内容も多いですね。

5、料金はどちらが安い?

気になる月額料金を比較してみましょう。

2つとも学年や支払い方法によって金額が変わるので、ここではわかりやすく小学3年生の料金で比較してみますね。

スマイルゼミは月3,278円
チャレンジタッチは月2,980円
(どちらも12ヶ月一括払い・税込の場合)

どちらも入会金はかかりません。

月額料金をみるとスマイルゼミの方が若干高いですが、ほぼ同じくらいの価格帯ですね。

ただしスマイルゼミはタブレット代金10,978円(税込)がかかりますので、年間総額でみると

スマイルゼミは50,314円
チャレンジタッチは35,760円

約14,500円の差があります。

まつもと
まつもと
費用面で見るとチャレンジタッチの方が安く学習できますね。

スマイルゼミとチャレンジタッチ、結局どっちがいいの?

スマイルゼミとチャレンジタッチを5項目で比較してきました。

どちらも教科書に合わせてタブレットで学習できる良教材ですが、一番大切なのはあなたのお子さんにあった教材を選ぶことです。

はっきり言って教材の質はどちらも高いので、あとはお子さんとの相性や料金面、家庭環境によります。

どちらの教材も無料で資料請求やお試しができるので、気になるものはお子さんと一緒に確認してみましょう。

まつもと
まつもと
実際に使ってからお子さん自身が決められると入会してからも続きやすいですし、「自分で決められた」というお子さん自身の自己肯定感アップにも繋がりますよ!

\迷ったらまずはおすすめ/
チャレンジタッチ公式ページをチェックする
スマイルゼミ公式ページをチェックする

【2021年】小学生のタブレット学習おすすめ教材7社|徹底比較ランキングタブレット学習は小学生が楽しく学習習慣と学力をつける上でとても使いやすい教材ですね。元小学校教師の視点と実際に利用した保護者の口コミを多数掲載した上で、小学生のためのタブレット学習教材7社を比較紹介します。...