目的・悩み別

【小学生からできる】海外でも受講できるおすすめの通信教育教材はこれ!帰国後の転入も安心

仕事の都合で家族に海外に引っ越すことに。

数年後には日本に戻る予定だから、海外でも通信教育で日本の勉強をさせたいなぁ。

でも、どの教材を選べばいいんだろう?

両親の仕事などで海外で生活するお子さんを持つ親にとって、「日本の勉強をどうやって学ばせていくべきか」というのは大きな不安の1つですよね。

まずは現地校での学校生活に慣れていくのが最優先ですが、やはり将来日本に戻る可能性があるならば帰国してからの進学についても早めに考えておかなければなりません。

はなこ
はなこ
結論から言ってしまうと、海外で日本の学校に合わせた学習をするのであればタブレットやパソコンでできるオンライン学習が一番おすすめです。

そこでこの記事では、小学生からできる海外受講におすすめのオンラインで学習ができる通信教育について詳しくご紹介します。

海外子女のサポートが手厚い【すらら】をチェックする

日本の学校での勉強をしておくべき理由

まずは海外にいる間に日本の学校の勉強をしておくべき理由を確認しておきましょう。

「日本の勉強の必要性はもう十分分かっている」という方は飛ばして先に進んでくださいね。

帰国後の学校への転入をスムーズにすることができる

親の海外赴任などで将来的には日本に帰国する予定がある場合、帰国後の学校への転入が必ずありますよね。

帰国後は一般の公立校に転入することもできますが、それまで日本の学校に通っていなかったお子さんにとって新しい環境に適応していくのはとてもストレスのかかることです。

それに加えて日本語が全くわからないということになってしまうと、中学高校と進むにつれてどんどん学校での勉強がわからなくなってしまいます。

このような心配から中高生なら私立の帰国子女コースへの転入を考えている方もいることでしょう。

しかし現在はこの帰国子女コースへの転入も狭き門になっていて、英語が話せるからといって簡単に入学できるものではなくなっているようです。

海外に住んでいるうちから、日本の学習指導要領に合わせた学習を進めておくことでいざ日本に帰国することになってもよりスムーズに転入をすることができます。

ひらがなやカタカナ、漢字など海外では学べない学習ができる

日本特有のひらがなやカタカナ、漢字は毎日触れていないと特に覚えにくく忘れやすいものです。

日本に帰国すれば必ず使って生活していく必要があるので、特に大切に学習しておきたい部分ですね。

私が以前教員時代に受け持っていた子でニュージーランドからの帰国子女のAちゃんという子がいましたが、あまりたくさんはひらがななどの練習をしてこなかったということで小学校2年生でも「あ」「め」などの複雑なひらがなが怪しい印象でした。

Aちゃんがすごく努力家であり、お母さんもかなり家庭で頑張って指導をしてくれたおかげで3年生になる頃には少し読みがたどたどしいかな?くらいにまで上達しました。

この間に3年生の勉強もしながらだったので、かなり大変だったのではと思います。

私のこのような経験からも、海外にいる間から通信教育で日本語の勉強をさせてあげると帰国後の子供の負担が軽くなるのではと感じました。

海外での通信教育ならオンライン学習が断然おすすめ

では海外で日本の学習指導要領に合わせた学習をするには、どんな通信教育教材を選べばいいのでしょうか。

通信教育には大きく分けてテキスト形式」「オンライン形式」の2つのタイプがあります。

テキスト形式はプリントや本になっている教材、オンライン形式はインターネットに繋げればweb上で学習できる教材ですね。

海外で使えるテキスト形式の通信教育もありますが、冒頭でもお伝えしたようにおすすめはオンライン形式の通信教育です。

オンライン学習の良さはいろいろありますが、海外に住むご家庭にとってのポイントは次の2点です。

  • インターネット環境があればいつでもどこでも学習できる
  • 海外輸送費がかからないので割安

インターネット環境があればいつでもどこでも学習できる

オンライン学習の大きなメリットなのが、インターネット環境があれば世界中どこでも学習できることです。

自宅のパソコンやタブレットで学習ができ、動画や画像も豊富な教材が多いので短い時間で効率よく理解を深められますね。

また日本の学校では2020年からプログラミングやタブレットを使ったICT学習が本格化する予定で、2018年現在もタブレットやパソコンを使った授業がどんどん増えています。

そのような学習形式になれるという意味でも、オンライン学習がおすすめですね。

海外発送費がかからないので割安

はなこ
はなこ
進研ゼミやZ会の通信教育では海外でも受講できるように教材を配送してくれますが、

別途配送費が毎月かかったり、添削指導などを送付する時にもその分費用の負担が必要になります。

日本から遠い国ほど発送費もかかる場合もありますね。

例)小学2年生の教材の場合

進研ゼミ小学講座 月5,241円〜7,291円(配送料込み、国によって異なる)
Z会の通信教育 月4,516円+配送費2,080円=6,596円

※進研ゼミは国語・算数・英語の3教科、Z会は国語・算数・総合的な学習の3教科です。

また国の配達状況によっては自宅まで教材が届かない、紛失してしまうという心配もあります。

せっかく日本から取り寄せても受け取れなければ意味がありませんよね。

はなこ
はなこ
オンライン学習なら配送に関わる心配は一切なく、海外にいても教材の受講費のみで学習できるのがうれしいポイントですね。

小学生が海外でも受講できるおすすめの通信教育教材

オンラインで学習できる教材は日本でもかなり増えてきているので「いったいどれを選べばいいのかわからない」という方もいるかもしれません。

帰国後のことを考えて

  • 帰国後の学校への転入をスムーズにする
  • 日本の学習指導要領に合わせた学習ができる
  • 日本や現地校の学年に関係なく足りない部分を学習できる

という3つの観点からオンライン学習を選ぶとすららがおすすめです。

  • オンラインで日本の「すららコーチ」のサポートを受けることができる
  • 学力に合わせて学年に関係なく復習・予習をすることができる
  • ゲーム性と個性的なキャラクターで楽しみながら学習できる
  • 1日15分程度から学習できるので、現地校との両立ができる

すららは日本の現役塾講師である「すららコーチ」が一人一人に合わせた学習計画を立てた上で学習を進めていくことができます。

通常の通信教育では「2年生なら2年生で学習する内容しか学べない」というのが一般的ですが、すららは「無学年方式」と言って小学1年生〜高校生までの教材を学年に関係なく好きなだけ学習することができるんです。

はなこ
はなこ
例えば小学3年生でも1年生レベルの国語も理解できていないのであれば、1年生の学習からしっかり学び直しができますね。

また短時間の授業でありながらゲームやキャラクターなどお子さんが楽しめる仕組みがいっぱい詰まっているので、遊び感覚で日本の学校のような内容を学べるのも魅力です。

そして特に海外受講の方におすすめなのが、すららコーチから日本の教育事情や受験、転入に関わるアドバイスなどを聞けることです。

しかもお子さんの状況に合わせて伝えてくれるので、帰国を控えた親子にとってはとても心強いサポーターになってくれるはずです。

はなこ
はなこ
公式ページから無料の資料請求や体験学習もできますので、ぜひすららを体験してみてくださいね!

【すらら】の資料請求はこちら