タブレット学習

小学生のタブレット学習は良くない?元小学校教師から見たメリット・デメリットを徹底解説します

今の小学生〜高校生は「デジタルネイティブ(生まれつきパソコンやインターネット環境がある世代)」と言われていて、私たち親世代以上にデジタル機器を正しく便利に使いこなしていく年代です。

学校でも電子黒板や1人1台ずつのパソコンやタブレットを使った授業体系も増えてきています。

通信教育の教材でも今「タブレット学習」がかなり注目されていて、お子さんの周りのお友達にもタブレット学習を始めた子もいるのではないでしょうか?

「タブレット学習って気になるけど、どうなの?」
「やっぱり紙に書いたほうが勉強になるのでは?」
「目が悪くなりそうで心配・・・」

そこでこの記事では、小学生のタブレット学習のメリットとデメリットをしっかりご紹介していきます。

小学生のタブレット学習 メリット

ゲーム感覚で楽しく学習できる

宿題や勉強はどんなに言ってもなかなか始めないのに、テレビやスマホのゲームやYouTubeなどの動画は夢中になって見てる子も多いですよね。

テレビゲームや動画に夢中になるのは、子供にとって面白くて楽しいことがたくさんあるからです。

タブレット学習はそんな子供が夢中になるような面白くて楽しいコンテンツを入れつつ、しっかりと学習も理解できるように作られているので、あまり机に向かって自分で学習する習慣がない子でも進んでタブレット学習ができます。

タブレット学習ならではの動画でより理解できるようになる

ゲーム性のある仕組みだけでなく、タブレット学習の大きなメリットは動画で授業や問題の解説を見られることです。

ただ文章を読んだだけでは理解しきれない計算や理科の実験などを順番に動画で紹介してくれるコンテンツが多いので、よりしっかりとスムーズに学習内容を理解する手助けをしてくれます。

またテキスト学習のように紙面の限りもないので、豊富な図やイラストも多いのもメリットの一つですね。

即時採点や学習データなどの機能で学習管理がかなり楽

通信教育の教材でお母さんの大きな負担の1つが、採点をしてあげる必要があることです。

採点を通じてお子さんの理解度を知ることができるので、親が採点をするのも大切なことではあるのですが、日々家事や仕事で忙しい中採点をしてお子さんに「ここが違ったよ」と伝え、理解させるというステップはなかなか大変ですよね。

タブレット学習であれば、

  • 問題が解けたらすぐに自動採点してくれる
  • 学習内容や正答率などすべてデータとして自動で表示される
  • 子供だけでなく保護者も専用ページなどで学習の様子がいつでも確認できる

とすべて自動でやってくれる上、スマホなどで学習状況を確認できるのでとても便利です。

教材のしまう場所が必要ない

テキスト教材の通信教育で特に多くのお母さんが悩んでいるのが「教材をしまったり処分したりするのが大変・・」ということです。

1年2年と続けて行くうちに教材はどんどん溜まっていくので、保管場所や片付ける時間も取られてしまいます。

タブレット学習はタブレット1つあればいつでもどこでも学習ができてしまうので、教材の保管・処分の手間はなくなります。

また子供に「片付けなさい!」と言う必要もなくなるのは子供も親もストレス軽減になりますよね。

小学生のタブレット学習 デメリット

次に、小学生のタブレット学習のデメリットとその対策方法を考えていきましょう。

目が悪くなる

タブレット学習をする上で一番心配なのが「目に悪いんじゃない?子供のうちから視力が下がったらどうしよう?」という声が多く聞かれます。

確かにスマホやタブレット、パソコンなどの電子機器類を扱うのが当たり前になった現代では、子供だけでなく大人にとっても深刻な問題ですね。

タブレットを使う上では目に悪いと言われているブルーライトを完全に無しにすることはできません。

しかしできるだけ軽減させるための対策は簡単にすることができます。
おすすめの方法は次の3つです。

  • 15〜20分程度使ったら休憩する
  • ブルーライトカットレンズのメガネを使う
  • ブルーライトカットができるシートをタブレットに貼る

タブレットがなぜ目に悪いかというと、長時間の連続使用によって目に負担がかかることが一番大きな要因です。

なので短い時間で区切ったり、市販のグッズを使ってブルーライトをカットしておくと、子供でも大人でも問題なくタブレットを使うことができますよ。

タブレット学習ができる教材の多くは10〜15分程度で1つの学習が完了できるように作られていますので「1つ学習が終わったら5分休憩する」というスケジュールで習慣にしておけばテレビゲームをするよりも目に負担がかからずに学習を進めることができます。

タブレットが自宅にないと学習できない

タブレット学習の教材の中には、自宅にあるタブレットやスマホ、パソコンで学習するシステムのものが数多くあります。

自宅に使っているタブレットなどがあればいいのですが、親のスマホしかないというご家庭も多いのではないでしょうか。また「タブレットはあるけど子供に使わせたくない」という場合もあるでしょう。

そんな場合には、子供用の専用タブレットを使って学習できる教材がおすすめです。

進研ゼミのチャレンジタッチ」や「スマイルゼミ」などでは専用のタブレットでしか学習ができないのでセキュリティーの面でも安心です。

専用タブレットはある期間までの継続期限が決められているものの無料や格安で使用できることが多いので、新しく数万円するタブレットを購入することを考えると割安で使うことができます。

>>進研ゼミ公式ページはこちら

>>スマイルゼミ公式ページはこちら

子供がタブレットを壊してしまう可能性がある

子供はものを壊すのが仕事と思ってしまうくらい、わざとでなくても落としたり壊したりしてしまうものです。特に数万円のタブレットを落としてしまうのは親としてもかなりハラハラしますよね。

改善策としては、しっかり対策をした上でタブレットを使わせてあげることが大切です。自宅のタブレットであれば簡単なのは画面の保護シートや保護カバーをつけること。

また専用のタブレットを用意している会社の中ではタブレットを破損した場合の保証が用意されているところもあるのでこちらを利用するのもおすすめです。

漢字や計算など、紙に書かないと覚えにくいものが学習できない

小学生にとって鉛筆で漢字や計算を書く活動というのはとても大切です。

タブレット学習ではそうした書く活動ができないと思っている方もいるかと思いますが、タブレット学習でも鉛筆と同じようにペンを使って書く学習をすることができます。

特に漢字の練習は「とめ・はね・はらい」はかなり正確に即時採点をしてくれるので、正直大人が手動で採点するよりよっぽど正確に採点をしてくれます。

なので紙に書く活動をしっかりさせたい場合には専用ペン付きの教材を選ぶか、鉛筆の持ち方が不安な低学年のうちはテキスト教材にして3・4年生頃からタブレット学習でより学習の理解力をあげると方法もおすすめです。

しっかりと対策をした上でタブレット学習のいいとこ取りがおすすめ

ここまでタブレット学習のメリット・デメリットを詳しくご紹介してきました。

もちろん鉛筆と紙を使ったテキスト学習も悪くはないしいい教材がたくさんあります。

一方で、やはりテキスト教材にはできないタブレット学習ならではの良さもあります。

まだタブレット学習を活用していないのであれば、ぜひ1度試して見てくださいね!